あしがら教師塾に参加してきました!

0

    みなさんこんにちは。

    主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

     

    先週の日曜日、あしがら教師塾という勉強会に参加してきました。

    この勉強会は、現職の学校の先生や塾の先生、先生を目指す学生が集まって、

    意見交流を行うというものです。

     

    実は、このブログが始まったのもあしがら教師塾の影響だったりします。

     

    2年前にこの勉強会に参加させていただき、アウトプットする大切さを学びました。

    そして、日常からアウトプットする機会を作らなければという思いで、

    「週に一本ブログを書く」という宣言の元、このブログが始まりました。

     

    今回参加したのも、「前回宣言した通りブログをしっかり書いていますよ!」

    と報告をしたかったというのもあったりします。

     

    実際報告したところ、先生方からはお褒めの言葉をいただき、

    「ブログを見るね」というお言葉をいただきました。

    とても嬉しい反面、これからもきちんと書かなければという身の引き締まる思いです(笑)

     

    さて今回は、そんなあしがら教師塾で学んだことをいくつかご紹介したいと思います。

     

    「忙しさとは、時間的なものではなく、気持ちの問題」

     

    本当にやりたいこと、本当に好きなことって、いくらやっても忙しいと思わないと自分は思っています。現に、自分は、塾の仕事、中学校のボランティア、野球などなど、いくらやっても苦じゃない、むしろ楽しくて仕方ないというものがたくさんあります。

    こういったものに出会えたことが本当に幸せだと感じています。

    そして、教師という大好きな仕事に来年から携われることが、今から楽しみでなりません。

     

    「アウトプットする大切さ」

     

    誰かに話したり、思ったことを書き残したりすることはとても大切だと感じました。

    こういった交流の場に出て、お互いに意見交換することで、自分の意見を確かにしたり、

    新たな考えを知ることができたりします。ただ、なかなか意見交換をできる場というのも、あまりありませんから、積極的に参加したいと思いますし、大切にしていきたいと思います。

    また、今回の話し合いにも出ましたが、「書き残すこと」も大切だと感じました。

    書き残すことで、ずっとあとにも残すことができますし、

    このブログのように、多くの人に伝えることもできます。

    今後もしっかりブログも書いていきたいと改めて感じました。

     

    「子どもたちにどういった大人になってほしいか」

     

    この部分が正確になっていないと、教育はできません。

    今回改めて、「子どもたちにどういった大人になってほしいか」

    というゴールを確認しました。

    「自分の行動に責任が持てる大人」

    「周りのために行動できる大人」などたくさんの意見が出ましたが、

    自分としては「周りから必要とされる大人」になってほしいと考えています。

    生きていくうえで、一人で生きていくことはできません。

    必ず誰かと協力する必要があります。

    そのときに、いくら頭が良かったり、能力が高かったりしても、

    周りから必要とされなければ意味がありません。

    それよりも、「あの人と一緒に仕事がしたい」「あの人と一緒にいたい」

    そんな風に思われるような子どもたちを育てていきたいと強く思います。

     

    「子どもの光発見法」

     

    今回の話し合いの半分を使って、子どもたちの良いところを見つける方法というのを、

    一生懸命意見を出し合いながら考えました。

     

    子どもの光を見つけるとどんないいことがあるのかというところから、

    どうやっていいところを見つけていくかという方法論まで、話し合いは白熱しました。

    自分が一番勉強になったのは、「子どもの光を見つけるためには、期待値を上げすぎない」という話でした。

    字だけみると、「期待をしないなんて冷めてる」、なんて思われるかと思いますが、

    逆に今の世の中は、周りに期待しすぎだと思います。

    「なんでこんなこともできないんだ」「できて当然だ」「当たり前だ」

    というのは大体が、期待値が高すぎるのです。

    そうなると、周りの嫌な部分ばかり見えてきてしまいます。

    そうではなくて、「いてくれるだけでありがたい」「来てくれるだけでありがたい」と、

    いい意味で期待値を下げることで、たくさん子どもたちの光が見えてきます。

    これ以外にも、子どもの光を見つける方法をたくさん学んできたので、

    今後も子どもたちの光をたくさん見つけていきたいと思います。

    そして、お互いに気持ちよく過ごせるように努めていきたいと思います。

     

    今回のたくさんの学びがありました。

    来年から立派な教員としてやっていくためにも、日々精進してまいりたいと思います。

     

     

     

     

     


    資格のすすめ

    0

      こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

       

      パスカル進学ゼミでは小学生、中学生を対象に漢検、英検や数検のキャンペーンをやっていますね!

      私も中学生の時にこのような検定をたくさん受けました。 

       

      大学生になった今でも英検ではありませんが、資格を取得するためによく勉強しています。

      この前資格試験の合格発表がありました。結果は合格でした。

      今回合格だった試験は3回目の受験だったのでやっと受かったって感じでホッとしています。

       

      まったく二回も落ちるなんて情けない話ですが、

      資格は一回とってしまえば、そのあと一生自分の肩書きとして使えるので便利ですよ。

      資格を取得することは肩書きを得ること以外にもいいことがあります! 

       

      1つ目は、勉強するきっかけになることです。

      いつものテストでは点数が出るだけで少し点数が低くても今回は平均が低かっただけだからしょうがないとか、

      そんなに勉強してない割には点数が取れたのでまあオッケーなどいろいろな言い訳ができるため、

      そんなに勉強のきっかけにできない人がいます。

       

      その点資格は合格か不合格かがはっきりしてるので、勉強しないといけないなという気になります。

      不合格通知をもらうのは結構きついですよ。

      また、資格を受けるにはお金がかかるのでプレッシャーが多少なりともかかります笑 

       

      2つ目は形として残ることです。

      期末テストで満点をとった!もちろんすごいことなのですが、それは過去の栄光にしかなりません。

      「もう一度言いますがすごいことですよ」その点、資格は一回とってしまえばずっと残ります。

      いやらしく言うとずっと自慢できます。

       

      それだけ合格することには価値があるんですね。

      英検や漢検に合格することはテストで高得点を取ることよりもきっと皆さんの自信になると思います。

      この自信がこれからの人生で役に立つと思います。

       
      みなさんもこのキャンペーンの間にぜひ検定をを受けてみてはどうですか?

      私もまた別な試験を受けるのでいっしょに頑張りましょう。 
      それではさようならー

       


      修学旅行の思い出

      0

        みなさんこんにちは。

        主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

         

        今週と先週で中学校3年生は奈良と京都へ修学旅行に行きました。

        塾の方でも、「何を持っていくか」「お土産は何を買うか」など、

        修学旅行の話題でかなり盛り上がりました。

         

        中学校3年生はこの修学旅行と合唱コンクールが終わると、

        もう大きなイベントは卒業式くらいですから、一つ一つの行事を大切にしてほしいです。

         

        また、話を聞いているうちに、自分がいった時はどうだったかな〜と、

        卒業アルバムを引っ張り出して、思い出に浸っていました。

         

        すると、奇跡的に斎藤先生とのツーショット写真が2枚ありました!

        2人とも結構幼いですよね(笑)

        この時は確か同じ班で、一緒に京都と広島を散策した気がします。

        7年も前なので記憶があいまいですが…(笑)

         

        たまに自分と斎藤先生は仲が悪いなんて言う生徒もいるのですが、

        今とっても仲良しなのはもちろんのこと、

        中学校の頃から同じクラスであり、同じパスカルで学ぶ者同士仲良しだったと思います。

        お互い「四天王」なんて呼ばれていましたしね(笑)

         

         

         

        みなさん、修学旅行から帰ってきたら、ぜひ面白いお土産話を聞かせてくださいね!

        楽しみにしています!

         

        そして最後に、忘れてはならない中間テスト。

        今日で、南毛利中と荻野中は、20日前、小鮎中、東名中、玉川中は21日前になります。

        行事を楽しむことも大切ですが、終わったらしっかり切り替えて、勉強に励みましょうね。

         

        夏期講習明けのガイダンスでお話したことをもう一度書きまして、

        今回の締めにしたいと思います。

         

        どんなことにも「真摯に、ひたむきに」。充実した二学期にしましょう。

        そして目指すは、二年連続の「第一志望校全員合格」。

         


        修学旅行シーズン到来

        0

          みなさんこんにちは。

          パスカル進学ゼミの斎藤です。

           

          修学旅行のシーズンとなりました。

          東名中、小鮎中、玉川中はもう修学旅行が終わってしまいましたね。楽しめたでしょうか?

          台風の影響で部屋でトランプ三昧でしたか?

          まあ何にせよ中学生の思い出を作ることができたと思います。

           

          南毛利中はこれから修学旅行ですね。

          きっと楽しみでしょうがないでしょう。

          たくさんの思い出を作って来てください。

          できればお土産も買って来てくれると嬉しいです。

           
          今回は私の修学旅行の思い出について話したいと思います。

          中学生の時の修学旅行は京都と広島に行きました。

           

          1日目は京都で八つ橋の試食コーナーがたくさんあったので八つ橋を食べまくった覚えがあります。

          清水寺にたくさんの八つ橋の試食コーナーがあります。

          おススメです。ぜひ行ってみてください。

          京都は班での自由行動だったのでいろんなところに行きました。

          どこに行ったかはあまり覚えてないのですが、

          道を間違えるとあまりいろんな場所を見れなくなるので道を間違えないようにしてくださいね。 

           

          2日目は広島の原爆ドームに行きました。

          原爆ドームでは戦争の話を聞いて最後に合唱をした覚えがあります。

          正直言って戦争の話を聞くのは精神的にも身体的にもきつかったです。

          今でも覚えていることは、ガイドのおばさんはずっと立ちっぱなしなのによく疲れないなあ、

          と思いながら話を聞いてたことぐらいです。 

           

          3日目は広島の宮島に行きました。

          3日目となるともう疲れてしまっていてのんびり宮島を歩きまわりました。

          そんな感じで修学旅行を過ごしましたが結局1番楽しいのは夜に部屋でいろんな話をすることでした。

          いつもの教室ではできないような話を部屋でするのはほんとに楽しかったです。 

           

          最後に中学生の修学旅行はお小遣いを持ってきていいことになっていると思います。

          初日にあまりお金を使いすぎないでくださいね。後々困りますよ。 
          修学旅行がいい思い出になることを願っています。 
          それではまた来週〜

           


          高校の文化祭に参加してみよう!

          0

            こんにちは。

            国語科と高校生チューターを担当しております富田です。

             

            先週の土曜日、日曜日で、4つの高校の文化祭に参加してきました。

            4つの高校とは、厚木西高校、厚木東高校、伊志田高校、海老名高校です。

             

            どの高校も生徒たちが一生懸命に行事を盛り上げようと頑張っていました。

            また、久しぶりにパスカルを卒業していった教え子たちにもたくさん会うことができ、

            とても嬉しかったです。

             

            中学生の皆さんにはぜひいろいろな高校の文化祭に参加してほしいと思っています。

            なぜなら、文化祭に行くとたくさんのいいことがあるからです。

             

            まず、学校の雰囲気がよく分かります。

            高校によって、行事に力を入れている学校、生徒の様子など様々です。

            自分の母校ということで、海老名高校の様子を紹介すると、

            さすが県内でもトップクラスの文化祭といわれるだけあって素晴らしいものでした。

             

            パンフレットは丁寧に作られていましたし、巨大な展示物もたくさん展示されていました。また、なにより生徒たちが楽しく参加していましたし、

            自分たちの文化祭に誇りをもって取り組んでいることがよく分かりました。

            今回一般客として参加して、改めて自分の母校が好きになったかもしれません。

            ぜひ来年の文化祭で、海老名高校に行ってみてください!

             

            それから、実際に高校に行ってみるからこそ分かる細かいこともあります。

            例えば、意外と行くまでに坂が多くて、自転車で行くと大変だったり、最寄り駅から遠かったり、各駅停車の電車しか止まらなかったりといった交通の便。

             

            あとは、校舎内のきれいさ、グラウンドの広さ、自動販売機のバリエーション等々、

            実際に行ってみないとわからない点です。

             

            そして、文化祭に参加することで高校入試の面接試験の役にも立てることができます。

             

            面接の質問で、「何回うちの高校に来ましたか?」と聞かれることがよくあります。

            その際に、回数を多く答えられたほうが、評価としては良いと思います。

             

            また、「うちの高校に来た際に、どんなことを感じましたか?」なんて質問もよくありますので、文化祭に参加しておけば、

            「特に、貴校の文化祭に参加した際にはとても感動しました。中学校の時とは比べものにならないほどスケールの大きい出し物、そしてそれを作り上げるために、一人ではなくクラス全員が一致団結して活躍されている先輩方の姿に心を打たれました。自分もぜひ先輩方のようなすばらしい文化祭を作り上げてみたいと強く思うようになりました。」などというように答えることもできます。

             

             

            ほとんどの高校は先週の土曜日、日曜日に文化祭が終わってしまいましたが、

            まだまだこれから行われる高校もたくさんあります。

            また、今年に限らず、来年以降でも構いませんので、

            中学生の皆さんにはぜひ高校の文化祭に参加してみてください。

             

             

             

             


            << | 3/19PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            パスカル進学ゼミの本棚

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM