中3受験生 冬期講習を乗り越えた!

0

    みなさんこんにちは。

    主に中学生国語科と高等部のチューターを担当しております。

     

    今週7日に長かった冬期講習が終わりました。

    冬期講習が8日間+日曜講習2日間、合計10日間、

    特に中学校3年生は本当によく頑張りました。

     

    毎日7〜9時間塾で勉強し、それに加えて家では宿題と小テストの勉強があり…。

    年末年始の休みには、過去問を3年分解くという課題もありました。

    数々の誘惑に負けず、本当によく頑張ってくれたと思います。

     

    また、一番素晴らしいと思ったのが、

    漢字テストで全て100点を取ってくれた生徒がいたことです。

     

    しかも、今回の10回分に限らず、夏期講習の20回分も全て100点でした。

    これはなかなかできるここではないと思います。

    私が3年間塾講師をやってきて初めての出来事ですし、

    鈴木先生もあまり見たことがないとのことでした。

     

    確かに、漢字はほかの小テストに比べて点数が取りやすい傾向にあります。

    しかし、30回もあれば、ド忘れしてしまったり、

    うっかりミスをしてしまったりすることが出てくると思います。

     

    にもかかわらず、100点を取り続けたことは、

    その生徒が、漢字テストの勉強を丁寧に、丁寧に行ってきてくれたからだと思います。

     

    私はその生徒を心から尊敬したいと思いますし、

    この頑張りを生かして、他のことでも頑張って成功を収めてほしいと思います。

     

    最後に、今週分の「富田通信」です。

     

    明日に行われる合同模試について、

    そして私自身の人生観について書いてありますので、ぜひ読んでみてください。

     

    特に合同模試は、冬期講習の成果を発揮する良い機会だと思いますので、

    どの生徒にとってもよい1日になってほしいと願っています。

     

     


    将来の自分に感謝されるような今を過ごしたい 

    0

      皆さんあけましておめでとうございます。

      パスカル進学ゼミの斎藤です。このブログを書いてそろそろ1年になります。

      今年も定期的に書いていくので、よろしくお願いします。 

       

      新年を迎え受験まであと少しとなりました。3年生は受験に向けて勉強を頑張っていると思います。

      正月休みを通して、少しだらけてしまう人もいるかもしれませんが、

      ここからどれだけ頑張れるかが受験勉強の勝負です。

       

      おそらく、今までは基礎を固めることが中心で、なかなか点数に結びつかないことが多かったと思いますが、

      ここからは今までに頑張った分点数が少しずつ伸びていく時期だと思います。

      ここを踏ん張って点数アップを目指していきましょう。

       

      先の見えない受験勉強ですが、私が個人的にどれくらい勉強してほしいか、

      それはもう中学生には戻りたくないと思うぐらいです。

      今の期間が本当にきつくてはやく受験を終わらせたい。

       

      また少し気が早いですが、大学に行くためにもこんなに勉強しないといけないのは耐えられない。

      こんな風に思うまで勉強してください。さらに将来もし中学生に戻れるとしたら戻りますか?

      という質問に対して、中学生は楽しかったけど、受験勉強をしないといけないから戻りたくない。

      なんて答えるぐらい勉強してくれると嬉しいですね。

       

      皆さんもよく知ってる大天才の日比野先生も高校受験はしんどすぎるから、

      もう高校生には戻りたくないと言っていました。皆さんもこの基準是非参考にしてみてください。 

       


      今週の名言 
      将来の自分に感謝されるような今を過ごしたい 

       

      この言葉は芸人のオードリーの春日さんの言葉です。

      春日さんはボディービルダーになるために厳しい筋トレを行なったり、

      東大受験企画に参加して、猛勉強をするなどハードな生活を行なっています。

       

      また、ドケチ芸人で有名であり私生活でも贅沢をほとんどしないストイックな生活を送っている春日さん。

      「なんでこんなストイックな生活を行なっているんですか?」という質問に対して、

      将来の自分に感謝してもらうためと答えていました。

       

      過去に頑張った自分がいるから今の自分が存在している。

      将来こんな風に思えたらいいですよね。受験は人生のターニングポイントなひとつになると思います。

      将来の自分に感謝してもらえるような今を過ごしましょう。 

       

       


      あけましておめでとうございます!

      0

         

        あけましておめでとうございます。

        中学生の国語と高等部のチューターを担当しております富田です。

         

        今年も無事新しい年を迎えることができました。

        2019年は、私自身特に大事な年になります。

         

        大学を卒業し、いよいよ「教員」として社会に出ることになります。

        そして、10年間お世話になったパスカルを2月をもって卒業します。

         

        今年1年間、どんな年になるのか、正直全く想像もつきませんが、

        身体にだけは気を付けて、無事に一年間を乗り切れたらいいなと思っています。

         

        パスカルにいるのはあと2か月もありませんが、

        最後までベストを尽くして、頑張りますので、

        何卒よろしくお願いいたします。

         

        最後に、今週分の「富田通信」です。

         

        例年、この休みでペースを崩してしまう生徒が多い中、

        生徒たちは、この年末年始、様々な誘惑に負けず、

        一生懸命勉強に励んでくれたようです。

         

        ちょっと小テストの出来がいつもよりも悪い気がしなくもないですが…(笑)

         

        私自身、人生で一番のんびりと過ごしたといっても過言ではない今回の年末年始でしたが、

        遊びやテレビなど、いろいろな誘惑もあるもので、

        そう考えるとよく頑張ってくれたなと思います。

         

        公立高校入試まで残り41日ということで、

        残こされた時間は決して多くありませんが、

        生徒たちの成長を信じて、全力でサポートしていきたいと思います。

         

        そして、必ずしや「2年連続の志望校全員合格」を達成したいと思います!

         

         

         

         

         


        今年も1年間ありがとうございました!

        0

          みなさんこんにちは。

          主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

           

          早いもので、今年も残すところあと4日となりました。

          今回が今年最後の更新となりますので、簡単に1年間の振り返りをしたいと思います。

           

          2018年は、私個人としましても、様々な出来事がありました。

           

          教育実習では、中学校にお邪魔をさせていただきました。

          パスカルで培ったことを試し、

          通用する部分、通用しない部分がよく分かった3週間でした。

          教育実習を通じて、自分としても大きく成長できたと感じていますし、

          その後の塾での授業のスタイルにも変化があったと思います。

           

          教員採用試験では、無事合格を掴むことができました。

          パスカルで塾講師を始め、

          教えることの楽しさを知り、

          教員になるという目標を見つけ、

          受験生を担当させていただきながら知識・技術を身につけ…。

          その成果が結果につながったのだと思っています。

           

          卒業論文では、まだ完全に終わったわけではありませんが、

          4年間の大学生活の集大成としてふさわしいものができたと思っています。

          文字数は約14000字、ページ数は33枚の自分史上でも、最長の論文となりました。

          これも、このブログなどで文章書く習慣があったからこそだと思っています。

          ひとまず、今回形になったことで、無事大学を卒業することができそうです。

           

          その他様々なことがありまして、

          その都度、皆様に迷惑等をかけた1年になったかと思います。

           

          いろいろとご理解、ご協力いただきまして本当にありがとうございました。

           

          来年2019年は、いよいよ勝負の高校入試があります。

          私としても10年間通ったパスカルを卒業するにあたっての最後の大仕事になります。

           

          「全員合格」で有終の美を飾れるよう、より一層精進してまいりたいと思いますので、

          来年も何卒よろしくお願いいたします。

           

          最後に、今週分の「富田通信」も掲載させていただきます。

          年内最終号ということで、気合を入れて作成しております。

          読んでいただけたら幸いです。

           

           


           

          パスカル進学ゼミ 富田 優斗

           

           


          記憶力アップ術

          0

            こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

             

            前回のブログで漫画はイメージ暗記に使えるといいましたが、

            イメージして暗記するのがどれだけ素晴らしいかを今日は書いていきたいと思います。 
            まず、記憶とはどういうものなのかを説明したいと思います。

             

            実は人間は1度聞いたことは脳のどこかには蓄積されるそうです。

            物事を忘れるというのは、脳に蓄積されたものを引っ張りだすことができない状態のことらしいです。

            記憶力がいい人はこの脳にあるものを引っ張ってくるのが得意ということなんですね。 

             

            この脳から引っ張っていく力を強くする方法は何回も脳から記憶を出し入れするか、

            強い結びつきをつけるかのどちらかが主な方法です。イメージして暗記するのは後者の方に該当します。

            こんなことを説明しても分かりにくいと思うので、実際に試して見ましょう。 

             

            これから載せる単語を1分で出来るだけ多く覚えてください。 

             

            じどうしゃ 
            ほっかいどう 
            りんご 
            しょうがっこう 
            きょうかしょ 
            たぬき 
            ごま 

            1分で覚えられたでしょうか?

            1分では難しくても2分、3分あれば、簡単に覚えることができたと思います。 
            それでは次の単語も1分で覚えてください。 

            なはや 
            はう 
            さよた 
            なひ 
            かたせ 
            たくよ 
            らわ 

             

            今度はどうでしたか?

            1分で覚えるのは大変だと思います。5分ぐらいかかる人もいるのではないのでしょうか? 

            今回は少し大げさにやりましたが、最初の問題と次の問題の違いは単語として知っているかどうかです。

            最初の問題のように皆さん馴染みのある言葉は少し長くてもイメージができるので、簡単に覚えることができます。 

            反対に2個目の問題のように、ただ文字が並んでいるだけだと文字数が少なくても覚えるのがとても大変です。 
            これがイメージの力なんですね。

             
            ですから暗記の時によく使う語呂合わせはとてもいい暗記方法です。

            与えられた、語呂合わせを使うのもいいですが、自分で新しく作るとより効果があると言われています。 
            皆さんも是非オリジナルの語呂合わせを作って見ましょう。 

             


            今週の名言 

            彼を知り己を知れば百戦殆うからず 


            今回も論語に出てくる言葉です。 
            相手を知り自分のことを知っていれば、どんな戦いも勝てるという言葉ですね。

             

            今回の相手は試験のことですね。傾向と対策という言葉がある最近よく使われており。

            各試験には傾向がありその傾向にそった対策をしなければいけません。 

             

            自分とはそのまま自分のことですね。

            自分の得意なところはどこなのか、自分の苦手なところはどこなのか。

            得意不得意をしっかり把握していれば、自動的にやるべきことがわかってくると思います。 

             

            どんな戦いにも勝てるようにしっかり相手と自分を知りましょう。 
            それでは今週はこれで終わりです。 
            また来週ー

             


            << | 3/25PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            パスカル進学ゼミの本棚

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM