令和の幕開け

0

    こんにちは。塾長の鈴木です。

    新たな天皇陛下が即位され、いよいよ令和の時代が幕を開けました。
    大型連休のゴールデンウイークは、いかがお過ごしでしたでしょうか。

    さて、今後は学校行事や部活動が本格的に始まり、体調を崩したり、疲労がたまる時期でもあります。
    栄養と睡眠を十分にとり、健康管理には注意して学校生活を送ってほしいですね。

    特に、高校生は2週間後に中間テスト、中学生は1か月後に期末テストが控えています。
    生徒さんにはお伝えしていますが、テスト対策は準備と計画ですべてが決まります。

    中学生はテスト2週間前に範囲表が配られますが、それから準備を始めるのは遅すぎます。
    テスト直前になって学校の課題に追われないように、学校の提出物は早めに準備しておきましょう。

    【テスト勉強の進め方】
    1.学校の課題(問題集)をテスト10日前にすべて終わらせること。
    2.問題集で間違えた問題には印を付け、後で何度も解き直すこと。

    詳しくは、生徒さんとのカウンセリング(面談)で具体的なアドバイスをしていきます。

     

     


    妄想しよう

    0

      こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

       

      今年のゴールデンウィークは長かったですね。

      10連休ともなるとそんなに休んだら仕事が終わらなくなる、

      といって全部休めない人もいるそうで、意外と反対派もいたそうです。

       

      10連休は嬉しいですが、これから休日がなかなか来ないのが悲しいです。

      中学生にはゴールデンウィーク明けテストを用意しています。

      いい問題を作ったつもりなので、ぜひ楽しんでください。 

       

      突然ですが、皆さんは勉強したことが役に立ったと思うことがありますか?

      数学や国語、なんてのは意外と日常で必要だったりしますよね。

      理科、社会も知ってると面白いことありますよね。

       

      例えば、自然現象の仕組みがわかると少し楽しいですし、

      社会の知識は旅行に行った時に使えたりするのではないでしょうか?

       

      ただ、英語はどうでしょう?

      最近外国人が増えているとは言え、皆さんが英語で会話をすることはほぼないと思います。

      英語が使えなくて困るなんてことはほとんどありません(オリンピックの時には使えたほうがいい可能性は高いですが) 

       

      日常で使えないものや使い方のよくわからないものはなかなかやる気になりませんよね。

      私も大学の数学は世の中でどのように使われるのかが、わからなくて全然やる気が出ませんでした。

      たぶんやる気があっても難しくてできなかったと思いますが…汗

       
      ではどうやればやる気がでるか。それは妄想をすることです。 
      普段の生活で急に外国人に道を聞かれたところなどを想像してみてください。

      ここで、スラスラ英語で会話できたらカッコいいですよね。

       

      まわりの人にすごいと言われるだろうし、外国人にも感謝されると思います。 
      他にも海外に旅行に行った時に英語が喋れた時のことを想像してみてください。

      きっと、英語が喋れない海外旅行よりも楽しい旅行になるでしょう(英語が通じない国だとダメですけど)

       
      こんな風になかなか使えないものは、使える時のことを想像してモチベーションをあげましょう。 
      少しはやる気がでると思います。 
      妄想は出来るだけ現実に近いほうがいいです! 

       

      今回のブログで紹介した例はこれから日本でも割と起こることだと思います。 
      ぜひ皆さん妄想をして英語を好きになってください。 
      それでは今週はこれで終わります。

       

       


      どちらになりたいですか?

      0

        こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

         

        今、私は大学院に通っている学生ですが、私の友達の多くは社会人として働いています。

        そのような人たちに話しを聞くと、もうそろそろ社会人になる準備をしなければいけないのかなーと不安に思うことがあったりします。

        私は社会に出たらどんな人間になるのでしょうか? 

         

        皆さんはどんな大人になりたいですか? 
        本を読んでいると将来は2つのパターンの大人を目指せと書いてある気がします。

        堀江貴文さんが書いた「英語の多動力」に載っているG型人間とL型人間にわけて紹介していきたいと思います。 

         

        G型人間のGはグローバルの意味です。

        これからは国境がなくなりたくさんの国の人と接することが増えていくと思います。

        やはり、海外の人達とは文化の違いも多く、学ぶことがたくさんあります。

        学ぶことがあるのはなにも海外の人だけではありません。

        起業して成功した実業家やある分野で成功をおさめた人などなどは国内にもたくさんいます。

        そのような人と接することできっと自分も成長することが出来るでしょう。

        このような人たちとの出会いを大切にしていくのがG型人間です。 

         

        L型人間のLはローカルの意味です。

        自分のことを本当の意味で理解してくれる人は誰でしょうか?

        自分が心を許した人との時間は何事にもかえがたい大切な時間です。

        人付き合いもある程度は必要ですが、本当に大切な人との時間を大切にすることが自分の人生を充実させるためには必要だと思います。

        外の世界よりも自分の周りの世界を大切にするのがL型人間です。 

         

        皆さんはどちらになりたいですか?この2つの選択に答えはありません。

        人それぞれの価値観です。

        大きく分けると2つになるだけで、他にもタイプはあります。

         

        また、どちらも大切にすることにこしたことはありません。あくまでどちらを重視したいか。 
        少し自分の進みたい方向を決めるだけで、自分の生活が変わっていくと思います。 
        ぜひ考えてみてください。 

         

        それでは今週はこれで終わります。 
         


        新体制の新学期を迎えて

        0

          こんにちは。塾長の鈴木です。

          新学期が始まり、あっという間に2週間が経ちました。
          生徒の皆さんは、少しずつ新しい環境に慣れてきたかと思います。

          塾でも新しい生徒さんを迎え、新鮮な雰囲気の中で新学期がスタートしました。
          特に中学生は、この春から個別指導塾として生まれ変わり、新しい講師も増えました。

          先日、生徒さんとカウンセリングを行ったところ、

          「より理解できるようになった、質問しやすくなった」という声を多数聞くことができました。

          とは言え、新体制はまだまだ始まったばかり、授業後の講師ミーティングでは、反省や課題の山積みです。
          今後はさらに講師陣一丸となって、一人ひとりにとことん向き合っていこうと考えています。

          何かお気付きの点、ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
          今後ともパスカル進学ゼミをどうそよろしくお願いいたします。

          ◆授業のお休み
          ・4月29日(月)〜5月6日(月)の期間、授業はお休みです。

           


          新しい講師を迎えて

          0

            こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。 


            先日の土曜日に大学のサークル(ファッションショー)のイベントを見てきました。

            私は大学院生なのでもう出演する側ではなく、見る側になってしまいました。

            とても素晴らしいショーでした。ショーに出演した皆さんお疲れ様です。

             
            今年からサークルの雰囲気ががらりと変わった中でのショーでしたが、

            私たちの教えもしっかり受け継がれていました。

            サークルはこうやって先輩から後輩へ引き継がれていき繁栄していくものだとあたらめて感じました。 

             

            話しはかわって、パスカル進学ゼミには沢山の新しい先生が入ってきてくれました。 
            将来の教師志望も多く、指導に高いモチベーションを持っている先生が多く嬉しいです。

            英語の先生が一気に増えたということなので、私の英語力がばれてしまいそうで不安ですが… 

             

            講師もたくさん増え、きっと今まで以上に熱心に生徒に指導をすることができると思います。 
            新しく入ってきた先生方は、最初はどうしていいかわからないこともたくさんあると思いますが、

            わからなかったら色々聞いてください。 

             

            私も講師をはじめた時は、わからないことを先輩の先生方からたくさん教えていただきました。

            今の講師としての自分はそれらの先生からの教えをもとにして成り立っていると思います。 
            新しい先生たちにも私や日比野先生のいいところは受け継いでほしいです。

            そして、それをさらに次の後輩に伝えていってください。 

             

            こんな風に先輩風を吹かせていますが、新体制の個別指導は私も初めてだらけです。

            ですから、これから色々意見を出しあって、よりよい個別指導ができるように一緒に頑張りましょう。 
            皆さんとこれから働けることを楽しみにしています。 

            それでは今週はこれで終わります。さようならー

             


            最近起きた悲しいこと

            0

              こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。 
              いよいよ新しい学年での生活が始まりました。新しい学校での生活が始まった人もいると思います。私も新しい学校での生活が始まりました。 
              大学生の時は生徒たちに遊んでばかりいる先生だと思われていました。大学院生ではちゃんと勉強している真面目な先生だと思われるようになりたいですね。ブログも少しずつまとまな内容になるように頑張ります。 
              今日は最近起きた悲しいことを話します。(ここから不真面目な話しを期待してた人はごめんなさい。今回はほんとうにまともです。まともだと思ってます) 
              それは新聞の社説一覧をみれるサービスが終了してしまったことです。社説とは各新聞社が主張して載せる記事のことです。実は大学3年生の時から6社の新聞の社説をまとめてあるサイトをほとんど毎日見ていました。 
              3ヶ月前ぐらいから1社社説を見るのが有料になってしまい落ち込んでいたのですが、ついにサービスが終了してしまいました。サービスが終了したとはいえ社説を新聞社ごとに別々に見ることはできるので、少し不便になっただけだと思っていたのですが、もう1社有料になって見れなくなってしまいました。残り4社です。なんで社説を読んでいるかと言うと大学の先生が社説を読むと就活とか今後の生活で色々に役に立つぞと言われたので読み始めました。特に毎日の楽しみで読むのを楽しみにしているわけではありませんが、3ヶ月ぐらい読み続けると読まない日があるとなんかへんな気分になります。皆さんの生活の歯磨きみたいなものですかね。 
              そんな感じで、特に気合いをいれて読んでいるので、内容をほとんど忘れている日もあります。あまり興味のない分野の社説はほとんど覚えていません。 
              そんな感じでゆるく社説を読んでいますが、読んで良いところが1つあります。 
              それは色々な角度から物事がみれることです。同じ事件のことを書いていても内容は全然違います。 
              政府の方針をやたらに批判する社説。政府の方針をやたらに褒める社説。方針の良し悪しを経済が発展するかどうかを中心に考える社説。 
              さまざまな方向から物事をとらえることはすごい大事なことだと思います。世の中にはどっちも間違ってないなんてことたくさんありますから、自分の意見だけを押しつけるわけにもいきません。また、説得する際にも相手の考え方もふまえたほうが説得力が増します。このためわざわざ6社も読んでいます。実際社説を読むことをすすめてくれた先生も社説は最低でも大手5社の社説を読まないと意味がないと言っていました。1社だけの社説を読むと考えが偏ってしまいますからね。 
              大手5社の社説は今は3社しか読めませんが、皆さんも是非読んでみてください。きっとテストの時事問題などでも役に立つと思いますよ。 

              It is the mark of an educated mind to be able to entetain a thought without accepting it. 

              皆さん訳せましたか? 
              これはアリストテレスの名言です。 
              簡単に言うと、自分が受け入れられない意見についてもしっかり考えることができることは、教育された精神の証だよ。ということです。
              皆さんも教育された精神を手に入れてください。 


              閑話という意味を知ってますか?

              0

                皆さんこんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。 
                閑話とはどういう意味か知っていますか? 
                暇に任せてする無駄な話しという意味らしいです。 
                閑話休題という有名な四字熟語がありますが、これは話が逸れてしまったので本題に戻すという意味で、本題から無駄話しに行く時には使わないそうです。 
                今回の題名を閑話休題にしてしまうところでした。 
                日本語を公の場で使い間違えるのは少し恥ずかしいですね。 
                そんなわけで今回は私の最近やってることを少し紹介します。新しい生徒や先生が来るので、自己紹介も少し兼ねて書いていきます。 
                私は4月から大学院1年生になります。大学院になじみのない人も多いと思いますが、大学院は大学卒業後に通う学校です。一般的には通う人は少ないので、家でもはやく就職しろなんて言われたりします。私のの就職は2年後の予定です。(順調に進学できればの話しですが…) 
                大学院で何を学ぶかは秘密です。そのうち話そうと思います。 
                春休みの前半は色々なところに旅行に行っていましたが、最近は英語の論文を訳してるだけな生活を送っています。英語の論文を訳すのは本当に難しいです。全然分からなくて嫌になっちゃいます。気晴らしで最近はユーチューブをよく見てます。好きなのはエルトライトさんとFラン大学就職チャンネルさんの動画です。メジャーなところだと東海オンエアさんやクイズノックさんを見たりします。エルトライトさんはポケモンの対戦動画なので、みなさんにはオススメできませんが、Fラン大学就職チャンネルさんはみなさんにも是非見てほしいです。就活の話しが多いので、まだピンとこない人が多いと思いますが、厳しい社会の現実がわかる気がします。わたしもまだ社会に出てないのでなんとも言えませんが… 
                Fさんの動画を見てると自分も勉強しなきゃとかもっと主体的に行動しなきゃと思うようになります。 
                若い時の行動力がどれだけ大事かが分かると思います。興味のある人は是非見てください。 
                もうひとつよくやっているのはモンスターストライクというゲームですね。一時期はデュエルリンクスというゲームにハマっていましたが、最近はモンスターストライクばかりやっています。キャラを集めないとゲームに勝てないゲームで少し大変ですが、どうもわたしはキャラを集めるのが好きなみたいです。デュエルリンクスをやってる時もカード集めがメインになっていた気がします。 
                これらの話しから気づいた人もいると思いますが、最近はただの引きこもりです。さっきも言いましたが、大半の友人は就職したので、就職の準備が忙しいんですね。 
                大学院は大学の時とは別の学校に行くので、まず友達作りから始めないといけません。 
                皆さん仲良くしてくれると嬉しいです。 
                よろしくお願いします。 


                5年目を迎えて

                0

                  こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。 
                  マリナーズのイチロー選手がついに現役を退いてしまいました。あまり野球に興味のない私でもイチロー選手のことは知っています。おそらく知らない人はいないでしょう。毎日の努力を欠かさない点は私も見習いたいです。イチロー選手ほんとうに夢を与えてくれてありがとうございました。 
                  話はかわってパスカル進学ゼミでは今週から春期講習が始まり、いよいよ新学年の授業が本格的にはじまります。また、個別指導塾として生まれかわってのはじめての授業となります。新しい生徒達たの出会いもあります。これから楽しみです。私は最近大学を卒業し、大学院に進みます。大学一年生の時から塾講師をはじめたので、次で5年目となります。大学院に進む人はあまりいないこともあり、同じバイトに5年勤める人はほとんどいないでしょう。嬉しいような、なんか恥ずかしいような気持ちです。鈴木先生にもこのまま続ければ、今までの講師で1番長いかもしれないと言われました。今年から新しい先生がたくさん入るそうですが、4年目の日比野先生と私の年長組で、色々と教えてあげられるようにしたいです。 
                  講師5年目の目標は受験のサポートを充実させることとデータをしっかり残すことです。私は去年はじめて、受験生を担当しましたが、受験はペーパーの試験だけでは、ないことを実感しました。面接対策や内申を取るための提出物対策、生徒たちのモチベーションを保たせることも大事でした。去年は富田先生に任せていたところも多かったので、今年は自分でやっていけるようにしたいです。データを残すに関しては、長くても2年後には私もパスカルを去ってしまうので、残る後輩のためにプリントをちゃんとデータにとっておきたいです。もちろんそれが使われるとは限らないんですけどね… 
                  少し気ははやいですが、いつか起こる引き継ぎの準備をしっかりしていきたいです。 
                  5年目になりましたが、特にノウハウが成熟した感じはないです。なんか、ただ、4年間すぎちゃったかんじもしますが、後輩の見本になれるように頑張りたいと思います。 
                  5年目に入ってもブログは続けていくつもりなのでよろしくお願いします。去年と同じようなこと書いてても許してくださいね。それでは今週はこれで終わります。 


                  富田先生、お疲れ様でした!

                  0

                    皆さんこんにちは。

                    パスカル進学ゼミの斎藤です。中学生はついに卒業式がありました。

                    皆さん卒業おめでとうございます。

                     

                    中学卒業から高校入学までの約1ヶ月間は、

                    人生の中で勉強や仕事のことをまったく考えなくてよい数少ない期間だと私は思っています。

                    存分にに楽しんでください。とは言っても、パスカルの生徒は高校準備講座に行かないといけないんですけどね… 

                     

                    私は何していたかと言うと、富田先生ともう1人の友達と岡山と広島に行っていました。

                    いろんなものを食べたり、いろんなお寺を巡ったりとても楽しかったです。

                     

                    富田先生とは中学生の時の塾が一緒でした。

                    その塾はもちろんパスカル進学ゼミです。当時はトリプルAという名前でした。 
                    そんな昔からの友であり親友とも言える富田先生は中学校の先生となり、パスカルの講師をやめてしまいます。

                     

                    富田先生は本当に生徒思いであり、パスカルの講師の時からすごいなと思っていました。

                    本当に先生が天職な人だと思います。 
                    今回はそんな富田先生との思い出を少し書きたいと思います。 

                     

                    中学生の時同じ塾であり、私と富田先生と残り2人の生徒は成績がそこそこに優秀ということで、

                    四天王なんて先生方に呼ばれていました。昔はその名前に喜んでいましたが、今思えば、恥ずかしいです。 
                    四天王とひとくくりにされていましたが、テストの点数で負けると思ったことは正直なかったです。

                     

                    しかし、富田先生は内申がとても高く、内申点とテストの点を合わせたら多分負けてました。

                    内申点ではまったく勝てる気がしませんでした。中学生の時は塾が終わった後よく語り合っていました。

                    そんな感じで、中学生の時はよく一緒にいましたが、

                    高校の時はお互いに違う高校、違う塾ということで、会うことはほとんどありませんでした。 


                    それからまたよく会うようになったのは大学2年生の時です。

                    富田先生が大学2年生の時にパスカル進学ゼミの講師を始めたからです。

                    実は私の方がパスカルには1年多く勤めてるんです。 

                     

                    一緒に講師をするようになってから、また勤務が終わった後に語り合うようになりました。内容は秘密です。 
                    そんな富田先生は生徒からの人気がすごくありました。

                    よく生徒たちに全部富田先生の授業がいいなんて言われました。ちょっと悲しいですね。 

                     

                    直接授業は受けたことはありませんが、いつもしっかり授業の準備をしていたし、

                    きっと素晴らしい準備だったのだと思います。参考にしたいです。 
                    毎週投稿しているブログですが、富田先生は私よりも半年ぐらいはやく、ブログを始めています。

                     

                    また、ブログ意外にも富田通信なるものを作っていました。

                    私はブログだけでも結構大変なので、プラスで通信を作るなんて本当にすごいと思います。 
                    改めて、お疲れ様でした。

                     
                    富田先生が抜けるのは大きいですが、新しい講師も何人か入ってくれるそうなので、

                    その方たちと穴を埋められるように頑張ります。なので、心配しないで教師をしでください。

                    時間があったらパスカル進学ゼミに遊びに来てください。お待ちしています。 

                    それでは今週はこれで終わりにします。

                     


                    合格おめでとうございます!

                    0

                      こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

                       

                      ついに公立高校の合格発表が終わりました。

                      パスカル進学ゼミの生徒は全員第1志望合格ということです我々も嬉しい限りです。 
                      本当に合格おめでとう🎉 

                       

                      高校受験を経てみなさんは沢山の貴重な経験をしたと思います。 
                      今回第1志望に合格したみなさんは合格よりもっと大切なものを手に入れたと思います。

                      それは自信です。全力で受験勉強に取り組み自分の目標を達成する。これが大きな自信になったと思います。

                       

                      自分はやればできるんだ。この気持ちが将来の自分の支えになります。

                      人生という長い目で見れば、合格よりもずっとずっと価値のあるものです。

                      是非自信を持ってください。 

                       

                      残念ながら第1志望に合格できなかった方、今は悔しい気持ちでいっぱいだと思います。

                      しかしこの悔しい気持ちが大切です。もうこんな悔しい思いはしたくない。

                      だから次の受験は成功するように頑張ろう。

                       

                      人間は幸福になりたい欲求よりも不幸を避けたい欲求の方が強い生きものです。

                      今回の悔しさがこれからの大きなモチベーションになるかと思います。

                      高校受験で落ちて悔しい思いをしたからこそ大学受験は自分の行きたい大学に行けた人はたくさんいます。

                      人間は挫折を味わった後に成長すると私は思っています。

                       
                      とにもかくにも高校受験という大きなイベントが終わりました。

                      皆さん今は勉強から離れて思いっきり遊んでください。 
                      高校に入学してからみなさんにやってほしいことが2つあるので是非実行してみてください。 

                       

                      1つ目は視野を広げてください。

                      高校は神奈川県全体から人が集まります。中学では私が1番、足が速かった、ピアノがうまかった、

                      野球がうまかった等々自分が1番だったことが高校で1番とは限りません。 

                       

                      そんなことはわかってるよと言われるかもしれませんが、知っていることと、実際間近で見るのとでは大きな差があります。

                      世の中にはこんなすごい人がいるのかと感じることがこれからどんどん増えていくと思います。

                      そういう人たちを知り、自分も負けないように研鑽できたら最高です。

                       
                      2つ目は自分の将来やりたいことを見つけてください。

                      将来やりたいことが見つかればモチベションが高まります。また自分に必要なことだけに絞って努力することができます。

                      言い方が悪いですが、無駄な努力をしなくて良くなります。高校は中学と違って英国数理社すべてを極める必要はありません。 
                      是非将来やりたいことを見つけてください。 

                       

                      以上の2つですね。 
                      高校受験が終わったとはいえ、高校準備講座、希望する方は高校生講座などまだ会うことはあると思いますが、

                      一旦お別れとなります。少し寂しいです。 暇だったらパスカルに遊びに来てください。 
                      また、大学生になったら是非パスカル進学ゼミで教師をやってください。 
                      またどこかで会いましょう。 

                       


                      今週の名言 

                      人の行く 
                      裏に道あり 
                      花の山 

                       

                       

                      今回で最後の名言となります。今回高校受験という大きな進路選択をしました。

                      しかし、選択も大きく分けてしまえば、普通科高校に行くか、商業科や工業科などの専門的な高校に行くかの2つだけでした。

                      進路選択というには少し大袈裟かもしれません。 

                       

                      しかし、高校を卒業したらもっと沢山の選択肢があります。

                      大学に行く、専門学校に行く、就職する、実家の仕事を継ぐ、海外に修行に行くなどなど。

                      大多数は大学にくと思いますが、それ以外のひとは間違っているのか?そんなことはありません。

                       

                      世の中で大成功を収めたような人はだいたい人とは違う道を歩んでいます。

                      人の行かない方に実は道がありそこには花の山がある。 
                      皆さんが将来花の山を見つけることを祈っています。 

                      今回のブログをもちまして、今年度の生徒へのブログを終わりにします。

                      次回からは来年度向けのブログ投稿となります。 
                      ブログを投稿して1年間思ったより継続することは大変でした。 

                       

                      今までブログを見てくださった皆さん、添削してくださった塾長、ありがとうございます。

                      来週からも引き続きよろしくお願いします。 
                      それではまた来週あいましょー

                       


                      << | 2/40PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      パスカル進学ゼミの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM