私立高校 入試のしくみ その1

0

    塾長の鈴木です。

     

    今週も高校受験情報をお届けしています。

    ここ数年で、私立高校志向の生徒も増えてきました。

    今回は、私立高校の入試のしくみについてお話します。

     

    神奈川県の私立高校の多くは、入試の点数だけで合否が決まるのではなく、

    学校の内申点を重視する選抜のしくみになっています。

    (一部の難関系私立、オープン型入試という選考方式を取り入れている高校は除きます)

     

    県内の多くの私立高校では「事前確約型」の入試を行っています。

    つまり、私立高校から提示される内申点の基準にクリアして受験すれば、

    合格が確約されるシステムになります。

     

    公立高校の選考以上に内申が重視されるのですから、

    私立高校の合格のへの近道は、「内申点アップ」ということになります。

    副教科も含め、9教科バランス良く内申点を確保していくことが重要です。

     

     

    事前確約型の種類

     

    1.推薦入試(1月下旬)

    ほとんどの私立で実施され、推薦の内申基準で決まる。

    面接や作文など形式的に行われるが、学力検査はなし。

     

    2.書類選考

    学力検査、面接などは行わずに、学校の調査書(内申)を提出する書類のみで決まる。

    近隣では、向上高校が実施し、併願も可能になっている。

     

    3.単願確約

    他の高校は受験しないことを条件に、単願の内申基準で決まる。

    学力検査はあるが、よほどのことがない限り不合格になることはない。

     

    4.併願確約

    公立高校を第一志望にし、不合格の場合に、その私立高校に入学するシステム。

    いわゆる「すべり止め」と呼ばれる入試形態。推薦、単願より基準は高めに設定される。

     

     

    以上の4つのパターンに関しては、願書を提出する前の12月中旬に、

    中学校と私立高校の間で「事前相談(入試相談)」が行われます。

    その時点で、各高校の成績基準をクリアしていれば合格が内定します。

     

    この事前相談が「事実上の入試選抜」となりますので、

    3年の内申が出た後に中学校で行われる三者面談(11月下旬)において、

    どの私立高校をどの入試形態で受けたいかを、中学校側に伝えることが必要です。

     

     

    成績基準の具体例は、次回で紹介したいと思います。

    今日はこの辺で。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    パスカル進学ゼミ【公式】

    友だち追加

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM