そろばんは究極の右脳教育

0

    塾長の鈴木です。

     

    先日、小学3年生の男の子2名が、そろばんの体験授業に参加しました。

    今日は、そのお子さんのお母様から、入塾のご連絡をいただきました。

    「そろばんがとても楽しかったので、早く入りたい」と言っているそうです。

     

    現在、そろばんは究極の「右脳教育」として注目されています。

    そろばんは、計算力や集中力を高める効果だけでなく、

    受験に役立つ一生モノの絶対暗算力(そろばん脳)ができ上がります。

     

    学校の計算(筆算)は、ほとんどが左脳を使いますが、

    そろばんは、右脳を使っていることが研究でわかっています。

    右脳と左脳を相互に補うことで、勉強効果が劇的に高まります。

     

    それでは、こちらの映像をご覧ください。

     

     

    この動画で計算をしている子は、当学習塾の塾生です。

    当時小学6年生で、そろばん歴2年、準2級です。

     

    この子は、右脳で「そろばんの珠」をイメージして暗算しています。

    頭の中で「珠をはじく映像」が浮かんでいるので瞬時に暗算ができるのです。

    これを珠算式暗算と言いいます。

     

    珠算式暗算を続けていくことで、

    絶対暗算力(そろばん脳)が作られます。

     

    この珠をイメージする場所は、右脳の後頭部につくられます。

    この場所は子どもの時にしかつくることができませんが、

    一度できると、一生涯、いつでも使うことができます。

     

     

    ところで、計算嫌いは何年生になると増えると思いますか?

    実は、小学4年生になると、大きな数→分数→小数でつまずき、

    計算が嫌いになる子どもが急激に増えます。

     

    一度計算が嫌いになってしまうと、中学以降の数学にも苦手意識が出てしまいます。

    そうなる前に、そろばんで「そろばん脳」をつくるのです。

    子どものうちに「そろばん脳」をつくってしまえば、計算嫌いになることはありません。

     

    通常の計算と違い、そろばんは右脳(形のイメージ)を使って計算力を鍛えます。

    そのため、思考に柔軟性のある小学校低学年はドンドン学習を進めることが可能です。

    むしろ低学年だからこそ、絶対暗算力(そろばん脳)を身につけることができるのです

     

     

    究極の右脳教育である「そろばん」は、数字にひるまない子どもを育てます。

    「そろばん」は“ご名答”という名の成功体験を何度も積み重ねるうちに、

    絶対暗算力や数への自信が身につく優れた教育アプローチです。

     

    現在、コロナウイルス感染対策実施中のため、

    1教室の生徒数を制限して指導しています。

    満席のクラスもありますので、お早めにお問い合わせください。

     

    通塾曜日:火曜日、水曜日、木曜日、金曜日

    時間帯:15:40~16:30、16:40~17:30

     

    そろばんのホームページはこちら

     

    お問い合わせ、体験授業のお申し込みは、

    パスカル進学ゼミLINE公式アカウントのからどうぞ!

    友だち追加で無料のLINE電話をご利用できます。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    パスカル進学ゼミ【公式】

    友だち追加

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM