お子さんの性格や特長を知ること

0

    塾長の鈴木です。

     

    今年の梅雨は雨がよく降りますね。

    洗濯物が乾かなくて、お困りのご家庭も多いのではないでしょうか。

    梅雨時、我が家は除湿機や布団乾燥機が大活躍しています。

     

    さて、いよいよ来週から塾は夏期講習期間に入ります。

    例年ですと、終業式を迎えて夏休みに突入するのですが、

    臨時休校の影響で、今年の夏休みは3週間ほど短くなってしまいました。

     

    今年はいつもと違う夏を迎えることになりますが、

    最近は、そろばん、個別指導の問い合わせも増えてきました。

    学校の通学に慣れ始めて、ようやく動き出した感じです。

     

    本日、小学6年生の男子が体験授業に参加してくれました。

    初めての塾で緊張気味でしたので、最初はたわいのない話の質問攻め(笑)

    好きなこと、テレビ、アニメ、ゲーム、食べ物、趣味など。

     

    最初は口数も少なかったのですが、少しずつ自分の話をしてくれました。

    こちらの質問に答えてくれるだけで、その子の性格も何となく掴めてきます。

    このようなリラックスタイムは、コミュニケーションを築く上でとても大切な要素です。

     

    学習塾に通う目的は、お子さんの学力を伸ばす、成績を上げることが前提ですが、

    その目的を最大限に発揮するために、意識すべき点があります。

    それは、お子さんの性格や特長を把握した上で指導することです。

     

    例えば、

    慎重で失敗を気にするタイプのお子さんには、

    平易な問題から小さな成功体験を積み重ねて自信を持たせます。

    「間違えても大丈夫」という声かけも多めにします。

     

    大雑把でケアレスミスが多いお子さんは、

    ノート指導に注意して、自分のミスの原因を知ってもらいます。

    正解を導けた際は、つかさず褒め言葉を投げかけます。

     

    同じ授業でも、お子さんの性格や特長によって、

    指導する内容や順番を変えたり、

    投げかける言葉を使い分けたりします。

     

    私もこれまでたくさんのお子さんと触れ合ってきました。

    長年培ってきた経験、失敗や反省を糧に、

    お子さん一人ひとりの個性を大切にしていきます。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    パスカル進学ゼミ【公式】

    友だち追加

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM