小学生 夏期講習のポイント

0

    塾長の鈴木です。

     

    今日は、小学生の夏期講習サマートライアルについて、

    国語と算数の授業内容とポイントを紹介します。

     

    まず、対象学年は、小4・小5・小6になります。

    当塾では、専任講師1名が、2〜4名の生徒さんを指導します。

    少数精鋭で効率よく指導するため、3学年に限らせていただいています。

     

    低学年(小1〜小3)のお子さんには、絶対暗算力を鍛えるそろばん、

    生きた英語が身に付く英語教室ビースタジオをおすすめしています。

    無料体験授は随時実施していますので、お気軽にどうぞ!

     

    さて、夏期講習の内容についてお話しします。

    昨日もお伝えしましたが、学校の授業はかなりのスピードで進んでいます。

    まずは、学校の授業をどこまで理解しているかをチェックします。

     

    特に算数は理解が不十分ですと、わからなくなるきっかけになります。

    例えば、4年生のわり算の筆算は、たてる数字がなかなか思いつかないお子さんも多いです。

    たてる数字がわかりませんと、2学期で学ぶ、2けたの数でわる筆算は当然わからなくなります。

     

    算数の授業は「考える力のトレーニング」と「新しい教科書の完全理解」の2本立てです。

    授業の最初の10分は、考える力を伸ばす問題集で頭のトレーニングします。

    こちらの問題集は、パズルやクイズのような問題が多いので、生徒さんには好評です。

     

    その後は、教科書に準拠したワークで、お子さんのレベルに応じて指導していきます。

    現在、小学校6年生は、分数の割り算まで進んでいますが、進み具合はバラバラです。

    各自小テストを挟みながら、単元の定着度を確認しています。

     

    次に国語ですが、最近は、読解力や文章力に乏しいお子さんが増えています。

    それは、語彙が少ない、言葉の意味を理解していないのが、主な原因です。

    国語力を高めれば、全ての科目の成績を上げることができると考えています。

     

    国語の授業は「論理的思考力を伸ばすトレーニング」と「読解力を身につける」ことです。

    文の構造を理解するための練習や、おもしろい題材の文章にたくさん触れることで、

    語彙力も自然と身につきます。

     

    現在、国語を受講している生徒さんには、言葉の意味は自分で辞書を引かせ、

    その言葉を使って短文を作ってもらっています。

    最初はうまく書けなかった生徒も、最近は見違えるように上達してきました。

    これもトレーニングの効果ですね。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    パスカル進学ゼミ【公式】

    友だち追加

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM