入試の平均点が変動する原因は?

0

     

    塾長の鈴木です。

     

    高校入試情報の第3弾になります。

    今回は、学力検査(入試)の合格者平均点の推移です。

    早速、最近11年間の5科目平均点の変化を見ていきましょう。

     

    2010年 356.0

    2011年 348.0

    2012年 333.6

    2013年 305.6

    2014年 260.2

    2015年 256.4

    2016年 257.9

    2017年 289.9

    2018年 264.8

    2019年 263.0

    2020年 288.3

     

    注目すべきは、2010年から2015年の5年間で、

    5科目平均点が100点近くも下がったことです。

    これは、脱ゆとり教育の変革期の影響です。

     

    2013年度入試から、入試制度が大きく変わりました。

    それ以前は前期と後期の2回の選抜方法がありましたが、

    2013年度から共通選抜に変わり、受験者の全員が、

    学力検査を実施するようになったのです。

     

    特に難度が大きく変化したのは、英語は理科です。

    英語は、2016年の平均点43.0点、

    理科は、2015年の平均点37.4点でした。

    過去最低平均点を記録しています。

     

    また、解答形式の方法も大きく変化しています。

    2017年度入試から、マークシート形式が採用されました。

    これは、採点ミスが発覚され、その防止対策のためです。

     

    マークシート形式が採用され、文章記述問題が年々減少しています。

    その影響で、平均点が少し持ち直していると言えるかもしれません。

     

    4年前と比較しますと、文章記述問題の配点は、

    英語が20点分から5点分、

    国語が20点分から6点分、

    社会が18点分から6点分

    それぞれ大幅に減っているのがわかります。

     

    以上のように、平均点の変化は、

    入試制度の変更、出題形式の変化に影響することがわかります。

     

    2021年度入試は、臨時休校の影響で入試の出題範囲が縮小されます。

    これが平均点にどのような影響を与えるのでしょうか。

    注目すべき入試結果になりそうです。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    パスカル進学ゼミ【公式】

    友だち追加

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM