都立高入試の出題範囲が縮小へ

0

    塾長の鈴木です。


    本日、東京都教育委員会は、来年の都立高入試で、

    国語や数学など5教科の出題範囲の縮小を決めました。

     

    新型コロナウイルス対応による休校で、

    十分な授業時間が確保できていないため、

    中学3年で学ぶ内容の一部を除外して問題を作成します。

     

    都教委によると、中学3年の終盤で学習する予定の内容は出題せず、

    序盤の7カ月程度で学べる範囲から出題。

     

    具体的には、国語は中学3年で学ぶ漢字、数学は三平方の定理、

    英語は関係代名詞などが除外対象になります。

    入試日程は例年通りになる予定です。

     

    東京都教育委員会ホームページ

     

    都立高入試の発表により、神奈川県も

    これに追随する可能性が高くなったと思います。

    出題が大幅に縮小されると、過去問は使えなくなりそうです。

     

    県の入試日程が予定通り実施されれば、入試まであと8か月間。

    内申点が決まる学校の定期テスト対策はもちろんですが、

    授業進度と入試対策の時間を考えますと、例年通りにはいきません。

     

    今年度入試は、情報の収集と緻密な準備計画が問われそうですね。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    パスカル進学ゼミ【公式】

    友だち追加

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM