受験生の思い出

0

    こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

     

    センター試験が終わりましたね。

    今年のセンター試験についてはほとんどないも知りませんが、

    ニュースでセンター試験を取り上げているのをみるとなんとなく受験生の時のことを思い出します。

    高校受験もあと少しで始まります。高校受験の頃には私も就職活動をしなければなりません。

    お互いしっかりと進路が決まるように頑張りましょう。

     

    今日は受験生の思い出について話したいと思います。
    受験生の思い出といっても12月、1月はなにも考えずにただひたすらに勉強をしていました。

    特に印象的なことを思い出せないので、願書提出日以降の話をします。

     

    私たちの時代は私立高校の願書提出も高校に直接出さないといけませんでした。

    (今はインターネットで提出の高校も多いみたいです。)

    私が志望したのが向上高校だということもあり、まわりに知り合いがたくさんいました。

    併願校は基本的に内申でしか判断されないため、問題を起こさなければ合格になります。

    そのため基本的に併願での私立高校の受験は願書提出も試験本番もピクニックに行っているような気分でした。

     

    日頃、勉強しかしていないこともあってか私立高校の受験は楽しかったですが、

    公立高校の受験はそのようにはいきませんでした。

    第一志望なこともありますが、本番の入試で失敗してしまうと落ちるという緊張がありました。

     

    それでも願書提出時は、定員割れしててほしいなーなんて冗談を言いながら願書を提出しに行ったので割とリラックスしていました。(もしかして気楽だったのは私だけかもしれませんが…)

    公立高校の本番は流石にリラックスできませんでした。

    運良く、最初の英語の出来がよかったのでなんとかなりましたが、国語が難しく感じてすごく焦ったのを覚えています。

    午前中の出来が英語と国語でプラマイゼロかなーと思いながら、午後の試験を受けました。

    午後の試験のことはさっぱり覚えてないので、おそらくふつうだったのでしょう。

     

    受験が終わった後はとりあえず勉強から解放されて嬉しかったです。

    帰り道でたまたま会った同じ塾の人と今回の入試どうだったかなどの話しをして帰りました。

    その時はすごく平和な気分でした。
    淡々と書いてしまいましたが、この時期になると今でもたまに懐かしくなるぐらいには印象的な思い出です。

    皆さんも受験生の頃がいい思い出になるといいですね。

     


    今週の名言

    いい投資とは、退屈な投資である

    この名言は有名な投資家の名言です。誰の名言かは知りません。

    いい投資家は淡々と利益を積み上げるだけで、いちいち損が出たり、利益が出たからといって一喜一憂しないようです。

    淡々とやるだけではきっと退屈でしょう。

     

    受験生の皆さんはこの投資の部分が試験に変わると思います。

    私がそうでしたが試験も何回もやると作業のように思えて退屈になります。

    こうなると案外点数が安定してきます。試験で怖いのは予想外の低い点数を取ってしまうこと。

    退屈でも確実に点を取れるようにしましょう。

    今週はこれで終わります。さようならー


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    パスカル進学ゼミ【公式】

    友だち追加

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM