国語力は大事

0

    みなさんこんにちは。

    パスカル進学ゼミの斎藤です。

     

    前回に引き続き国語の大切さについて話して行きたいと思っています。

    日本語を話せれば国語を学ぶ必要がないという人がたまにいますが、それは間違っていると私は思います。

    話すことと、読み取ることは違うことだからです。もちろん話すことも大事です。

     

    しかし、話しができれば、書いてあることをちゃんと読み取れるとは限りません。

    (もし読み取りもできるなら国語のテストはみんな満天かそれに近い点数になっているでしょう)

    正確な読み取りができない人は意外と多いです。

     

    読み取りができなければ、数学、理科、社会などの問題を解くことができないだろうし、

    世の中に存在する問題を解決することも当然難しくなってしまいます。

    実は、文を読み取ることは物事を解決するうえで重要です。

     

    1つ例をあげましょう。
    2人の生徒がいます。
    1人の生徒は数学がとても得意で、計算をするのが速く、正確です。

    しかし、国語に少し苦手意識があります。
    もうひとりの生徒は数学が少し苦手で、計算をすることはできますが、

    速くできるわけではなく、計算ミスもちらほらしてしまいます。しかし、国語が得意です。

     

    この2人に数学の応用問題を解かせました。どちらが先にできるでしょうか?
    実は、数学が少し苦手で国語が得意な生徒の方がはやく解くことができます。

    なぜでしょうか?数学の応用問題は文章題が多いです。

     

    そのためしっかり文章を読めないとできません。

    数学の得意な子は文章を正確に読み取るのに苦戦してなかなか問題に取りかかれなかったのです。

    反対に数学が少し苦手な子は問題文を正確に読み取ることができます。

     

    そのため、問題に素早くとりかかれます。

    しかも、中学生の数学の応用問題は意外と問題の内容が複雑なだけで、計算自体は簡単なことが多いです。

    そのためはやく問題を解くことができました。

     

    このように中学生の問題はレベルが高くなればなるほど、国語力が必要になっていきます。
    国語力の大切さを偉そうに語っていますが、私も国語は苦手です。

    今も国語力の低さに悩まされることがあります。

     

    どんな場面か?英語の論文を翻訳するときどうしてもキレイな日本語に訳せない時があります。

    教授には、英語訳は間違えてないけど、キレイな日本語ではないね、と、よく突っ込まれてしまいます。

    英語の勉強といえど、国語力が必要となってくるんですね。

     

    皆さんが、軽視しがちな国語ですが、実はとても重要です。

    しかし、この国語は厄介なことに伸ばすことが非常に難しいです。

    伸ばす方法の1つにはたくさん活字を読むことだと思いますが、おそらく多大な時間がかかるでしょう。

     

    地道に訓練するしかありません。幸いなことに、小さい頃の方が、伸びやすいそうです。

    みなさんはまだ中学生です。今から少しずつでも国語力を伸ばしていきましょう。
    今週はこれで終わります。さようならー

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM