英語教育はどう変わるか その2

0

    こんにちは。

    塾長の鈴木です。

     

    先ほど梅雨入りが発表されましたが、じめじめした気温になってきました。

    私は、朝にジョギングをすることが多いのですが、日に日に蒸し暑さを感じますね。

     

    中学生は1学期の期末テストが近付いてきました。

    昨日は一斉にテストの範囲表が配布されて、生徒たちも実感がわいてきたようです。

    我々スタッフもこの2週間は、気合いを入れて指導に専念。土日も勉強会を実施します!

     

     

    さて、先週の続きになりますが、

    小学校の英語教育について述べたいと思います。

     

    来年2020年から、小3・4年は「外国語活動」、小5・6は「英語」の教科化が始まります。

    具体的にどんな授業をするのでしょうか。

     

    小3・4年生

    小3・小4は、あくまでも「外国語活動」ですので、まだ成績はつきません。

    年間35コマ、週1回程度ペースの授業数になります。

     

    現小5・6で行われていた「英語に親しむ」授業内容が持ち上がるイメージですね。

    例えば、アルファベットの発音、あいさつ、身のまわりの物の説明、曜日や時刻の尋ね方など、

    英語の発音・リズムに慣れるために歌やゲームを取り入れた学習をします。

     

    小5・6年生

    小5・小6は、「英語」として教科化され、他教科と同様に成績がつけられます。

    年間70コマ、週2回程度の授業数となります。小3・4の2倍の授業数になるわけです。

     

    小3・小4の内容との大きな違いは、4技能を使って言語活動が行われる点です。

    小学校卒業するまでに学ぶ単語は600〜700語になり、読み、書きの技能を使う内容が要求されます。

    ちなみに中学校は卒業するまでに約1200単語ですので、約半分を小学校で学ぶことになります。

     

    小5・6年になると、読み、書きが加わるので授業内容もかなり高度になります。

    例えば、祭りや行事に関するまとまりのある話を聞いて理解し、尋ねたり書き写したりする、

    日本文化を表す表現や日本文化について伝えあい、書き写したりするなど。

     

    今までの英語教育の流れを考えますと、いきなりハードルを上げ過ぎではないか?と思われる内容ですよね。

    実際に始まってみないとわかりませんが、ついていけない生徒が続出する予感もします。

    来年は小学校でも英語専任の先生が教えるようですが、現場はやや混乱するかもしれません。

     

    いずれにしても、今後は小学校で「英語格差」みたいなものが広がっていく気がします。

    幼少から英語に慣れ親しんでいる子どもは、やはり積極的に授業に参加できますから有利です。

    小学校低学年のうちに、どれだけ英語環境に触れ合う時間があるか、この差は大きいかと思います。

     

    ここ数年、英語に苦手意識を持つ中学生が多いなと感じています。

    小学校高学年で英語嫌いの子どもが増えてほしくない、と強く願っています...

    英語はコミュニケーションのツール。言語として楽しく学んでほしいですね。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM