最近起きた悲しいこと

0

    こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。 
    いよいよ新しい学年での生活が始まりました。新しい学校での生活が始まった人もいると思います。私も新しい学校での生活が始まりました。 
    大学生の時は生徒たちに遊んでばかりいる先生だと思われていました。大学院生ではちゃんと勉強している真面目な先生だと思われるようになりたいですね。ブログも少しずつまとまな内容になるように頑張ります。 
    今日は最近起きた悲しいことを話します。(ここから不真面目な話しを期待してた人はごめんなさい。今回はほんとうにまともです。まともだと思ってます) 
    それは新聞の社説一覧をみれるサービスが終了してしまったことです。社説とは各新聞社が主張して載せる記事のことです。実は大学3年生の時から6社の新聞の社説をまとめてあるサイトをほとんど毎日見ていました。 
    3ヶ月前ぐらいから1社社説を見るのが有料になってしまい落ち込んでいたのですが、ついにサービスが終了してしまいました。サービスが終了したとはいえ社説を新聞社ごとに別々に見ることはできるので、少し不便になっただけだと思っていたのですが、もう1社有料になって見れなくなってしまいました。残り4社です。なんで社説を読んでいるかと言うと大学の先生が社説を読むと就活とか今後の生活で色々に役に立つぞと言われたので読み始めました。特に毎日の楽しみで読むのを楽しみにしているわけではありませんが、3ヶ月ぐらい読み続けると読まない日があるとなんかへんな気分になります。皆さんの生活の歯磨きみたいなものですかね。 
    そんな感じで、特に気合いをいれて読んでいるので、内容をほとんど忘れている日もあります。あまり興味のない分野の社説はほとんど覚えていません。 
    そんな感じでゆるく社説を読んでいますが、読んで良いところが1つあります。 
    それは色々な角度から物事がみれることです。同じ事件のことを書いていても内容は全然違います。 
    政府の方針をやたらに批判する社説。政府の方針をやたらに褒める社説。方針の良し悪しを経済が発展するかどうかを中心に考える社説。 
    さまざまな方向から物事をとらえることはすごい大事なことだと思います。世の中にはどっちも間違ってないなんてことたくさんありますから、自分の意見だけを押しつけるわけにもいきません。また、説得する際にも相手の考え方もふまえたほうが説得力が増します。このためわざわざ6社も読んでいます。実際社説を読むことをすすめてくれた先生も社説は最低でも大手5社の社説を読まないと意味がないと言っていました。1社だけの社説を読むと考えが偏ってしまいますからね。 
    大手5社の社説は今は3社しか読めませんが、皆さんも是非読んでみてください。きっとテストの時事問題などでも役に立つと思いますよ。 

    It is the mark of an educated mind to be able to entetain a thought without accepting it. 

    皆さん訳せましたか? 
    これはアリストテレスの名言です。 
    簡単に言うと、自分が受け入れられない意見についてもしっかり考えることができることは、教育された精神の証だよ。ということです。
    皆さんも教育された精神を手に入れてください。 


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM