最後の「富田通信」

0

    みなさんこんにちは。

    主に中学生国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

     

    2月14日(木)、15日(金)にかけて運命の公立高校入試が行われました。

    今年の受験生は、自分にとって最後のパスカルでの受験生なので、強い思い入れがあります。

     

    それに伴って、13日の最後の授業の際に、

    14回に渡って発行し続けてきた「富田通信」の最終号を配らせていただきました。

     

    今回はその内容をご紹介させていただこうと思います。

     

    ◯君たちは死ぬまでパスカル進学ゼミの卒業生であり、富田の教え子です。

     

    少し早いですが、最後の挨拶をしたいと思います。

    基本的には2年間、長い人は3年間ではありましたが、本当にお世話になりました。

     

    みんなと過ごした日々を思い出すと、楽しかったこと、大変だったこと、

    いろいろなことが思い返されます。

     

    自分自身、今年は3年目ということもあり、余裕を持って指導できたと思う半面、

    教育実習や教員採用試験、卒業研究論文など、私事で迷惑をかけることも多々ありました。

     

    それでも文句も言わず、

    自分を信じてついてきてくれた3年生の皆さんには感謝しかありません。

    本当にありがとうございました。

     

    明日明後日で本番が終わり、27日の合格発表、28日の祝賀会を持って、

    私は10年間を過ごしたパスカル進学ゼミを卒業していくことになります。

    しかし、みなさんとともにパスカル進学ゼミで過ごした日々が

    消えてしまうわけではありません。

     

    君たちは死ぬまで富田の教え子です。

    勉強のことでもいいし、部活のことでもいいし、人生のことでもいいし…。

    どんなことでも自分の力の及ぶ限りは、これからも力になってあげたいと考えています。

    結局のところ、自分は皆さんの力になることがとても好きなのです(笑)

    卒業してもその気持ちは変わりません。

     

    お互い場所は変わりますが、

    新天地でもみんなとの経験を生かして、私も頑張りたいと思います。

    そして、また君たちと再び会った時に、

    恥ずかしくないような立派な人生を送りたいと思います。

     

    いつか君たちが成人したら、ぜひ飲みに行きましょう。

    それが私のしばらくの夢です。

     

    また、みなさんは、死ぬまで一生パスカル進学ゼミの卒業生です。

    卒業しても、たまには遊びに来てみてください。

    顔を見せてくれるだけで先生たちは凄く嬉しかったりします。

    ぜひ斎藤先生のことをよろしくお願いします(笑)

     

    私も一卒業生として、ときどき帰ってきたいと思います。

     

    ◯今週の名言

     

    「無駄な抵抗はよせ」

    (聖望学園高校野球部・岡本幹成監督)

     

    去年、今年も受験生へ直前に伝えた名言で、

    今年もこのタイミングで伝えることをずっと前から決めていました。

     

    私は勝負事の際には必ずこの言葉を自分に言い聞かせています。

    意味は「自分の能力以上のことをしない」ということです。

     

    高校入試は人生のかかった大勝負ですから、本番で一点でも多く点を取ろう、

    過去最高の出来にしようという考えになるのは自然なことですし、

    決して間違えではありません。

     

    しかし、必要以上のことをする必要はありません。

    例えば、今までの模試では捨てていた問題を本番だからといって、

    無理にやる必要はないのです。

    そんなことをしては計画していた時間配分が足りなくなってしまったり、

    余計な焦りを生んでしまったりという結果を招きかねません。

     

    ただし、問題を見た際に絶対にいけると思えば例外ですが…。

    こればっかりは本番にならないとわかりませんね。

     

    また、逆に問題を見て「自分にはできないな」と思ったら、

    思い切って捨ててしまう勇気も必要なこともあります。

     

    点数を上げるのは今までの努力であって、本番は点数を上げるというよりも、

    いかに自分の力を出し切るかである、と割り切ることが大切だと自分は考えます。

    もし入試、そして勝負事の途中で、焦ってしまったらこの言葉を思い出してみてください。

    冷静になれるかもしれませんよ。

     

    以上が「富田通信」最終号になります。

    これが最後かと思うと、本当に感慨深いものがあります。

     

    なんとか無事全員合格してほしいと心から祈っております。

    そして、28日に全員そろって、楽しい祝賀会にしたいです。

     

    頑張れみんな!さあ、行ってこい!

     




    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM