座間総合高校 に行ってきました!

0

    塾長の鈴木です。

     

    いよいよ中学3年生の期末テストが始まりました!

    この定期テストは内申アップの最後のチャンスになります。

    結果に結びつくことを祈って吉報を待ちたいと思います。

     

     

    さて、本日は私塾協同組合主催の高校訪問に行ってきました。

    訪問先は座間総合高校という高校です。

    皆さん、総合学科の高校はご存知でしょうか。

     


     

     

     

     

    座間総合高校は、県内に7校ある総合学科高校の一つです。

    総合学科って、普通科と何が違うの?どんな高校なの?

    せっかくの機会ですので、学校紹介をします!

     

    座間総合高校は、今から10年ほど前に栗原高校とひばりが丘高校が統合され、

    総合学科として誕生した新しいタイプの高校になります。

    最寄駅の小田急線相武台前駅から少し離れていますが、校舎はとてもきれいな高校です。

     

    今回は、教頭の永吉先生にご説明していただきました。

    まず、総合学科とは...

    普通科と専門学科を合わせ持った学科で、

    専門教科・科目を自ら選ぶ単位制の高校になります。

     

    1年次は、国語や数学のような普通科の科目が中心ですが、

    2・3年次になりますと、専門学科・科目が25単位以上設置され、

    2・3年生が同じ授業を学ぶこともあるそうです。

     

    座間総合高校の特徴は二つ。

     

    まずは、キャリア教育

    選択科目として、グローバル教養、芸術スポーツ、生活デザイン、情報ビジネス

    の4つの系列科目を自分の時間割に組んでいきます。

    また、授業だけにとどまらず会社見学、郷土史などの校外学習の機会が多くあります。

    3年生では「課題研究」というレポートの提出があるのですが、この単位を取ることが卒業の条件になります。

    まるで大学の卒論みたいですね。

     

    次に、国際理解教育

    教頭先生のお話を伺って驚いたのですが、

    座間総合高校には、現在80名ほどの外国籍の留学生がいるそうです。

    入学試験も外国人の在県特別枠として10名の募集定員があります。

    異文化交流として「国際フェスタ」というイベントも毎年実施されます。

    外国人の生徒がとても多いので、教室でも国際交流がかなり活発に行われていますね。

     

     

    今回訪問しまして、総合学科の特徴がよくわかりました。

    自分で選択科目(系列の科目)を決めたり、自分で時間割を組むのは容易ではありませんが、

    将来自分が何をしたいのか、をしっかり考えるきっかけになりますね。

    そんな魅力を感じる座間総合高校でした。

     

    興味のある方は、ぜひ学校説明会に足を運んでください!

    ホームページこちら

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM