合唱コンクールを迎えて

0

    みなさんこんにちは。

    主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

     

    今週来週と、中学生は合唱コンクールが行われますね。

     

    私がボランティアをさせていただいている中学校は、明日が合唱コンクールということで、今日一日準備のお手伝いをしてきました。

     

    自分が生徒の時には、合唱コンクールを行うことが当たり前のように思っていましたが、

    今回初めて裏方の仕事を少しだけですがやってみて、とっても大変なことだと分かりました。

     

    まず驚いたのは、最初に職員用に渡された準備のためのパンフレット。

    両面印刷で約20枚分もありました。

     

    その中には、何か月も前から細かな計画が立てられていました。

    先生方の仕事の割り振り、練習の日程、リハーサルや本番の流れ、事後指導の予定などなど…。

     

    たくさんの人がこの日のために、一生懸命に準備を重ねてきたのだということがよく分かり、本当に頭が上がらないなと思いました。

     

    次に、今日の前日準備。

    授業の傍ら、手の空いている先生方が、荷物を積み込み、トラックを運転し、会場づくりをし、生徒たちのリハーサルをし…。

     

    生徒の時には、まさかそんなことが行われているとは思いもよりませんでした。

    気が付けば会場が設営されている、それが当たり前、そんな感覚でした。

    あの頃の自分が恥ずかしいです。

     

    結局何が言いたいかということですが、生徒の皆さんには、これが当たり前ではないということをよく自覚してほしいということです。また、支えてくれたすべての人に感謝の気持ちを持ってほしいなと思います。

     

    そして、一番は、一生懸命歌ってください。今までの成長の証を見せてください。

     

    それが、支えてくれたすべての人への一番の恩返しだと思います。

     

    個人的には、それだけで嬉しすぎて号泣してしまうかもしれません(笑)

    まあ私はボランティアとしてただ好きで行っているだけなので、「支えてくれた人」には入りませんけどね。

    勝手に楽しみたいと思っています(笑)

     

    皆さんの合唱を心から楽しみにしています。

    ステージ脇という特等席から見させていただきますね(笑)

    ぜひ頑張ってください。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM