天才とはどういう人なのか?

0

    こんにちは、パスカル進学ゼミの斎藤です。 

     

    中学生の方々はいよいよ期末テストの直前ですね!

    塾生は先週の土日にたくさんテスト対策しましたね。

    大変だとは思いますが、最後まで頑張りましょう。

     

    さて、この時期になると頭がよくなりたいとか、天才に生まれたかったという人がいます。

    そういう私も天才になりたかったです。今日は天才とはどんな人なのか私なりに考えてみました。 

     

    中学生の時の私は天才とはなにもしなくても勉強ができる人のことだと思っていました。

    しかし、天才とは才能だけではないんだと最近気がつきました。

    エジソンの名言である「天才とは99%の努力と1%のひらめきである」に近いものがあると思います。

     

    人々に天才と呼ばれている人たちは実は一般人なのです。

    努力の積み重ねとたまたまのひらめきによって天才と呼ばれるようになっただけなのです。

    最近、そういうふうに思うようになってきました。もちろん、ふつうの人よりは要領がよいかもしれませんが、やはり天才と呼ばれるまでになるには努力が必要だと思います。

     
    私には、天才とはどういう人なのかをあらわす好きな表現があります。 
    インベスターZという漫画にのっていたのですが、「自分の思ったことを行動にうつせるのがだいたい100人に1人ぐらいで、さらにその行動を継続させることができる人が100人に1人ぐらいです。その人が天才と呼ばれるのです。」 
    こんなかんじなことが書いてありました。 


    思ったことを行動にうつして、それを継続する。 
    これを出来る人はだいたい1万人に1人しかいないんですね。この1万人に1人が天才と呼ばれるようになるのです。

    難しいことではありますが、みなさんにもできることだと思います。誰にでも天才になるチャンスはあるんです! 

     

    テスト期間中頭よくなりたかったなーとか思ってる人、思うだけでなく行動してください!

    そしてその行動を続けてください!きっと天才になっていると思いますよ。 
    塾の中でも、勉強のできる人は授業中も集中して問題を解いている気がします。

     

    今はできなくても、努力を続ければきっとできるようになります!

    自分のことを信じて努力を続けてください。 
    努力に勝る才能なしですよ! 

     

    それでは今週はこれで終わりです。 
    さようならー

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    パスカル進学ゼミの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM