おすすめユーチューバー

0

    みなさんこんにちは。

    パスカル進学ゼミの斎藤です。

     

    中学生、合唱コンクールお疲れ様でした。

    みなさんそれぞれで良い思い出ができていることを願っています。

     

    私事ですが、そろそろ就職活動をしないといけない時期に突入しました。

    就活はこれから忙しくなりますが、今期の授業は少ないので、両立することができそうです。

    授業が少なくてよかったです。

     

    まだ、就活が本格的にはじまっていなかったので、最近はYouTubeをよく見ている気がします。

    中学生でもYouTubeを見る生徒は結構いて、このユーチューバーが好きとか、将来はユーチューバーになりたいなんてひともいますね。

    昔はユーチューバーという職業はなかったので、驚きです。今回は私のおススメのユーチューバーを紹介したいと思います。

     

    私のオススメはなんといっても(Fランク大学就職チャンネル)さんです。

    昔も少し紹介した気がします。就職活動という名前はついていますが就職活動の情報を発信するチャンネルではありません。

    Fランク大学ってなんですか?と疑問の人もいると思いますが、それは自分で調べてみてください。

    たまに聞く言葉ではありますが、定義が人によって大きく違ってくるので私からは説明しません。

     

    どんな内容の動画かというと、世の中の風刺動画ですね。

    他には正しい知識を身につけないと騙されて損するよみたいな動画ですね。

    これだけ聞くとあんまりおもしろそうではないと思うのですが、騙されたと思って見てみてください。

    ハマる人はハマると思います。(中学生向けではないですけどね…)

     

    この人の動画は面白いものが多いですが、たまにハズレがあります。

    長編のものは確実に面白いですが、そんなに見たくないという人も多いと思うので、最初は平和な世界という動画がおススメです。この動画が面白いと思った人はほかの動画も見てみてください。ハマると思います。

     

    ほかにオススメなのは(もこう先生のゲーム実況)です。

    教育に悪い表現を含んでおり、小さい子には見てほしくないですが、まあ面白いです。

    教育に悪いといっても暴力ではなく、ゲームをしながら叫んでいるだけなので、健全な方ではある思います。

     

    今、YouTubeには一生見続けても見終わらないほどの沢山の動画があります。

    みなさんのオススメがあったら教えてくれると嬉しいです。
    それでは今週はこれで終わります。

     


    中学最後の思い出

    0

      みなさん、こんにちは。

      パスカル進学ゼミの斎藤です。

       

      週末の台風はものすごい強さでした。みなさんの家は大丈夫でしたか?

      相模川は荒れていましたが、恩曽川はそんなに荒れていなかったので、わたしのところは大丈夫でした。

      みなさんが、元気に塾に来てくれることを願っています。

       

      今週はいよいよ南中や厚木中で合唱コンクールがあります。

      他の中学校でも合唱コンクールをやるのではないでしょうか?(日付け知らなくてごめんなさい)
      3年生は最後の合唱コンクールとなり、かなり気合いをいれてるクラスが多いのではないでしょう?

      私も見に行くつもりなので、楽しみにしてます。

       

      中学3年生は合唱コンクールが終わってしまうと、

      次は期末テスト、次は受験ともう行事らしい行事は終わってしまいます。

      中学生活最後の行事として、しっかり楽しんで来てください。

       

      合唱コンクール以降は、みなさんが思ってるよりも勉強しかしない生活です。

      終わってから嘆いても遅いですからね。
      中学2年生も後、1年半も中学生活があるなんて思って、油断しないでください。

      一年半はあっという間に過ぎてしまいます。

       

      2年生は、部活ではもう最高学年となっている部が多く、

      これから部活意外でも、最高学年として活躍することが増えると思います。
      中学1年生ははじめての合唱コンクールですね。

      先輩方は声変わりをして、男声と女声が分かれていてカッコイイ合唱になってると思います。

       

      将来そのような素晴らしい先輩になれるように今のうちに先輩方の背中をしっかり見ておきましょう。
      各学年、各クラス、各人にいろんな思いがあると思います。

      その思いを胸に合唱コンクール楽しんでください。
      今週は、これで終わります。また来週。

       


      失敗したときこそ真価が問われる

      0

        お久しぶりです!

        塾長の鈴木です。

         

        先週は中学校で2学期の中間テストが行われました。

        中学生の皆さん、中間テストの結果はいかがでしたか。

         

        テスト直前の土日に部活動があったり、大会と重なったりする生徒さんもいました。

        今回は主要5科目だけでしたが、1学期に比べると点数が取れなかった科目もあったのではないでしょうか。

         

        結果が良かった人は、期末テストはさらに気を引き締めて取り組んでください。

        結果が思わしくなかった人は、うまく気持ちを切り替えましょう!

         

        さて、結果が思わしくなかった生徒さんにメッセージを送ります。

        勉強に限らず一生懸命やっていても、うまくいかないとき、失敗したときってあります。

        大人になっても困難にぶつかることってたくさんあります!

         

        でも、失敗したときこそ人間の真価(本当の価値)が問われるものです。

        自分が大きく成長するチャンスでもあるわけです。

        大切な心構えは腐らないこと、諦めないこと!

         

        皆さんでしたら、

        「この科目キライ!いくら勉強しても無理!」と投げ出さないことです。

        失敗には必ず原因があるはず。なぜ失敗したのかを冷静に分析してみましょう。

         

        例えば…

        ・苦手科目を後回しにしなかったか。勉強量が足りていたのか。

        ・提出物を早めに終わらせることができたのか。

        ・学校の問題集、ノートを暗記するほど繰り返したのか。

        ・わからない問題をそのままにしていなかったか。

        ・時間配分を考えながら効率よく問題が解けていたのか。

        ・体調管理ができていたのか。

         

        このように、失敗したと考えられる原因をノートに書き出してみてください。

        そうすると、色んなことに気付いたり、次に活かせる項目が明確になることが多いです。

        そして、次までにそこを修正することが大切です。

        これができる人は、必ず以前よりも強くなります。大きく成長します。

         

        高校生の皆さんは、来週が定期テストですね。

        後悔することがないように、毎日を圧倒的な努力で過ごしてください。

         


        中間テストを終えて

        0

          こんにちは。

          パスカル進学ゼミの斎藤です。

           

          10月に入り、消費税が10パーセントになりました。

          軽減税率などがあり、複雑なこともとても多くて大変ですね。

          8パーセントの時よりは消費税の計算がしやすくなったところは個人的には嬉しいです。

          (消費税が上がって嬉しいわけではないですよ。)

           

          消費税のことはおいておいて、中学生の皆さん中間テストお疲れ様です。

          私の時代には中間テストはなかったです。期末テストと単元末テストしかありませんでした。
          今回は個人的な中間テストのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

           

          まずはメリットから

           

          メリット
          メインの範囲が少なくなるから勉強しやすい。

          中間テストが失敗しても期末テストで挽回できる。

          (期末テスト失敗しても中間テストがよければなんとかなる。)


          もう少し、メリットがあると思っていましたが、あんまりなかったです。

          しかも、これらのメリットはデメリットともなりえるので、中間テストは大変かもしれませんね笑

           

          ただ、一発勝負よりも精神的な負担は少なくなるし、

          メインの範囲がテスト期間である2週間しっかり勉強すればたりる範囲なことが多いので、

          まじめにコツコツ勉強できる人には向いているかもしれません。

           

          次はデメリットにいきます。

          デメリット

           

          部活動停止期間が合わせて2週間分あるので、たくさん勉強しないといけない。
          単純にテスト勉強が大変。

          中間テストのデメリットはなんといっても、部活動停止期間が2回あることです。

          その分たくさん勉強しないといけないところですね。

          部活動停止期間はだいたいほぼ、一日中勉強していたので、それが増えるのは大変ですね。

           

          あと、テスト勉強に気持ちが乗らない人はしんどいと思います。

          テスト自体は嫌いではない生徒もいると思うのでなんとも言えませんが。

          このようにみると、中間テストはとても大変な気がしてきました。

          私はゆとり世代に生まれて、よかった気がします笑。

           

          昔は中間テストが無くてずるいと思う生徒も多いと思いますが、嘆いても変わりません。

          中間テストにもいいところがないわけではないので、ポジティブに考えてください。
          最後に中間テスト本当にお疲れ様でした。

           


          国語力は大事

          0

            みなさんこんにちは。

            パスカル進学ゼミの斎藤です。

             

            前回に引き続き国語の大切さについて話して行きたいと思っています。

            日本語を話せれば国語を学ぶ必要がないという人がたまにいますが、それは間違っていると私は思います。

            話すことと、読み取ることは違うことだからです。もちろん話すことも大事です。

             

            しかし、話しができれば、書いてあることをちゃんと読み取れるとは限りません。

            (もし読み取りもできるなら国語のテストはみんな満天かそれに近い点数になっているでしょう)

            正確な読み取りができない人は意外と多いです。

             

            読み取りができなければ、数学、理科、社会などの問題を解くことができないだろうし、

            世の中に存在する問題を解決することも当然難しくなってしまいます。

            実は、文を読み取ることは物事を解決するうえで重要です。

             

            1つ例をあげましょう。
            2人の生徒がいます。
            1人の生徒は数学がとても得意で、計算をするのが速く、正確です。

            しかし、国語に少し苦手意識があります。
            もうひとりの生徒は数学が少し苦手で、計算をすることはできますが、

            速くできるわけではなく、計算ミスもちらほらしてしまいます。しかし、国語が得意です。

             

            この2人に数学の応用問題を解かせました。どちらが先にできるでしょうか?
            実は、数学が少し苦手で国語が得意な生徒の方がはやく解くことができます。

            なぜでしょうか?数学の応用問題は文章題が多いです。

             

            そのためしっかり文章を読めないとできません。

            数学の得意な子は文章を正確に読み取るのに苦戦してなかなか問題に取りかかれなかったのです。

            反対に数学が少し苦手な子は問題文を正確に読み取ることができます。

             

            そのため、問題に素早くとりかかれます。

            しかも、中学生の数学の応用問題は意外と問題の内容が複雑なだけで、計算自体は簡単なことが多いです。

            そのためはやく問題を解くことができました。

             

            このように中学生の問題はレベルが高くなればなるほど、国語力が必要になっていきます。
            国語力の大切さを偉そうに語っていますが、私も国語は苦手です。

            今も国語力の低さに悩まされることがあります。

             

            どんな場面か?英語の論文を翻訳するときどうしてもキレイな日本語に訳せない時があります。

            教授には、英語訳は間違えてないけど、キレイな日本語ではないね、と、よく突っ込まれてしまいます。

            英語の勉強といえど、国語力が必要となってくるんですね。

             

            皆さんが、軽視しがちな国語ですが、実はとても重要です。

            しかし、この国語は厄介なことに伸ばすことが非常に難しいです。

            伸ばす方法の1つにはたくさん活字を読むことだと思いますが、おそらく多大な時間がかかるでしょう。

             

            地道に訓練するしかありません。幸いなことに、小さい頃の方が、伸びやすいそうです。

            みなさんはまだ中学生です。今から少しずつでも国語力を伸ばしていきましょう。
            今週はこれで終わります。さようならー

             


            | 1/33PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>

            パスカル進学ゼミの本棚

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM