勉強はコスパがいい!

0

    こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。 


    最近ユーチューブでドラゴンホリエとか言う動画を見ました。

    ホリエモンこと堀江貴文が東大に再挑戦する企画らしいです。

    ホリエモンが合格するだけでは面白くないので、ホリエモンが他にも何人か芸能人を東大に合格させるそうです。

     

    ホリエモン曰く、受験で1番大事なのは国語力で、国語力があればどの教科の問題もできるそうです。

    逆に国語力がないと受験は大変だそうです。

    これは東大合格を目指す漫画、ドラゴン桜でも載っていました。

     

    皆さんは国語力大丈夫ですか?

    国語が得意な生徒はこれからどんどん伸びていくかもしれませんね。 

    それでは、本題に入りましょう。

     

    中学三年生は大事な期末テストが終わり残る試験は受験だけになりました。

    ここでは中三の三学期の期末テストはノーカウントです。 
    そんなわけで、皆さんには私が高校の時に先生に言われた受験生励ましの言葉を送ります。

    正直あまり、励まされた感じはなかったのですが、一応励ましの言葉です。 

     

    それは「勉強はコスパがいい!」と言うことです。

    コスパとはコストパフォーマンスの略でように勉強は効率がいいと言うことですね。

    どこが効率がいいんだよ!って思う人もたくさんいると思いますが、それには根拠があります。

     

    まず、一流になりやすい。

    例えば、野球で一流と言うとどんな人達でしょう?

    いろいろ意見があると思いますが、一流といえば、やはりプロ野球の選手ではないでしょうか?

     

    私は、あまり野球に詳しくないのでよくわからないのですが、

    野球選手になれるのは、ドラフトで選ばれるか、厳しいプロ試験を受けるか、

    その他もろもろで1年でプロ野球選手になるのはせいぜい50人ではないでしょうか?

    詳しく知りたい人は富田先生や日比野先生に聞いてみてください。

     

    では、勉強の一流とはどんな人でしょう?

    これもいろいろ意見があると思いますが、東大に入る人は勉強での一流だと思います。

    では一年で東大生になれるのは何人ぐらいでしょうか?

     

    これも詳しいことは知らないですが、少なくとも1000人はいます。

    私の大学はだいたいひと学年だいたい1600人ですから東大生もだいたいそのくらいはいるのではないのでしょうか?

    1600は50の約30倍です。つまり勉強の方が一流になりやすいのです。 

     

    もう1つ勉強にはコスパのいいところがあります。

    それは、みんなに尊敬されやすいところです。この点に関してはわたしの主観が入ります。

    皆さんは人間ですから、当然他人に尊敬されたいと思います。 

     

    尊敬される部分には色々なところがあると思いますが、今回は人の能力面での尊敬について例をあげます。 
    皆さん足が速い人ってかっこいいと思いませんか?中学生の時は足が速いとモテたりしますよね。 
    ただ、足が速くてすごいとみんなに思われる人はせいぜい学校で1番、2番に足が速い人だけです。

    足が5番目ぐらいに速い人はなにも思われません。

     

    その点、勉強はどうでしょう?

    クラスで1番勉強ができる人は間違いなくクラスの人にすごいと思われています。

    さらにクラスで3番ぐらいでもすごいと思われるのではないでしょうか?

    クラスで3番目だと6クラスある学校だとして学年で20番目。それでもみんなに一目置かれるんですね。

    足の速い人よりも多くの人が尊敬されます。こう考えると勉強って少し頑張ればいいことがたくさんある風に思いませんか? 

     

    今回の励ましの言葉どうでしたか?皆さんが少しでも励みになってくれたら嬉しいです。 
    それでは今週はこのへんで終わります。 
    さようならー

     


    今週のできごと その3

    0

      みなさんこんにちは。

      主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

       

      今週も先週、先々週に引き続き、小ネタ本立てでお送りします。

      この形の方が様々な話題に触れることができますし、

      私としても手軽に書けるので、書きやすかったりします(笑)

      ですので、もしかしたらしばらくこの形で行くかもしれません(笑)

       

      〇授業参観を見学しました。

       

      11月2日(金)、南毛利中学校では、授業参観が行われました。ボランティアとして働かせていただく日でもあり、せっかくなので校内見学をさせていただきました。

       

      生徒たちは、保護者の方々に囲まれているからなのか、少し緊張した顔つきでしたが、どの生徒も一生懸命に授業に参加する姿が印象的でした。

       

      来年から、自分も保護者の方々に囲まれて授業をすると思うと、身が引きしまる思いでした(笑)

      保護者の方々からも、「あの先生の授業は面白い!」と言ってもらえるような、魅力的な授業ができるように、レベルアップしていきたいと思います。

       

      教員採用試験合格者説明会に参加してきました

       

      11月6日(火)、善行の総合教育センターで行われる、

      教員採用試験合格者説明会に参加してきました。

       

      参加したことで、「本当に合格できたんだ」という実感が少しずつわいてきました。

      また、お話の中で印象的だったのは、

      やはり「コンプライアンス(法令順守))についてでした。

       

      具体的には、公務員である以上、法律に則って仕事をしなければならないわけで、教師という職業の信用を失墜させる行為や、職務上知り得た情報を漏らすことは絶対にしてはいけないという内容でした。

       

      特に、私は結構おしゃべりなので、

      発言には気を付けていかなければいけないと改めて思いました。

      みなさんも、私にあまり余計なことをしゃべらせないように気を付けてくださいね(笑)

       

      〇中学生3年生は期末テストがありました。

       

      11月8日(木)、9日(金)、中学生3年生は期末テストがありました。

      今回のテストは、高校入試の点数にも直結するとても重要なテストです。

       

      中学校3年生は、ここ2週間、土日も含め、毎日のように塾に来て頑張っていました。

      本当にお疲れさまでした。

       

      通塾日でない日も塾に来て、自習室で頑張る生徒、

      提出物にこだわって、少しでも評価を上げようと頑張る生徒、

      まとめノートを作って、効率よく暗記しようと頑張る生徒、

      授業が終わった後に、わからないところを質問しに来る生徒、

      寝る間を惜しんで、家庭学習を頑張る生徒、などなど…。

       

      どの生徒も、このテストに向けて、一生懸命に努力する姿が見られました。

       

      その努力が、結果として現れますように…。

      来週皆さんの結果を見るのが楽しみです。

       


      座間総合高校 に行ってきました!

      0

        塾長の鈴木です。

         

        いよいよ中学3年生の期末テストが始まりました!

        この定期テストは内申アップの最後のチャンスになります。

        結果に結びつくことを祈って吉報を待ちたいと思います。

         

         

        さて、本日は私塾協同組合主催の高校訪問に行ってきました。

        訪問先は座間総合高校という高校です。

        皆さん、総合学科の高校はご存知でしょうか。

         


         

         

         

         

        座間総合高校は、県内に7校ある総合学科高校の一つです。

        総合学科って、普通科と何が違うの?どんな高校なの?

        せっかくの機会ですので、学校紹介をします!

         

        座間総合高校は、今から10年ほど前に栗原高校とひばりが丘高校が統合され、

        総合学科として誕生した新しいタイプの高校になります。

        最寄駅の小田急線相武台前駅から少し離れていますが、校舎はとてもきれいな高校です。

         

        今回は、教頭の永吉先生にご説明していただきました。

        まず、総合学科とは...

        普通科と専門学科を合わせ持った学科で、

        専門教科・科目を自ら選ぶ単位制の高校になります。

         

        1年次は、国語や数学のような普通科の科目が中心ですが、

        2・3年次になりますと、専門学科・科目が25単位以上設置され、

        2・3年生が同じ授業を学ぶこともあるそうです。

         

        座間総合高校の特徴は二つ。

         

        まずは、キャリア教育

        選択科目として、グローバル教養、芸術スポーツ、生活デザイン、情報ビジネス

        の4つの系列科目を自分の時間割に組んでいきます。

        また、授業だけにとどまらず会社見学、郷土史などの校外学習の機会が多くあります。

        3年生では「課題研究」というレポートの提出があるのですが、この単位を取ることが卒業の条件になります。

        まるで大学の卒論みたいですね。

         

        次に、国際理解教育

        教頭先生のお話を伺って驚いたのですが、

        座間総合高校には、現在80名ほどの外国籍の留学生がいるそうです。

        入学試験も外国人の在県特別枠として10名の募集定員があります。

        異文化交流として「国際フェスタ」というイベントも毎年実施されます。

        外国人の生徒がとても多いので、教室でも国際交流がかなり活発に行われていますね。

         

         

        今回訪問しまして、総合学科の特徴がよくわかりました。

        自分で選択科目(系列の科目)を決めたり、自分で時間割を組むのは容易ではありませんが、

        将来自分が何をしたいのか、をしっかり考えるきっかけになりますね。

        そんな魅力を感じる座間総合高校でした。

         

        興味のある方は、ぜひ学校説明会に足を運んでください!

        ホームページこちら

         

         


        最後の大学祭 ありがとう!

        0

          こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

           

          私は今、大学4年生なので、今回が最後の大学祭でした。

          私たちの大学の大学祭は規模が小さく、だいたい2年生までしか大学祭には行かないのですが、

          私はとある理由で4年間行ってました。

           

          それはファッションショーに出ていたからです。

          キャプというサークルは大学祭でファッションショーをするサークルです。

          そのモデルとしていつもショーに出ていました。

           

          きっかけはちょっと背が高かったのでモデルに誘われたことです。

          最初は誘われたからとりあえずやってみるぐらいの軽いノリでやっていましたが、

          年数を続けるうちに結構熱が入ってしまいました。

           

          ただ、歩くだけでもかなりの時間を練習します。なかなか大変です。

          それでも続けられたのは他のモデルの方々がとても素晴らしい人だったからだと思います。

          彼ら彼女らに出会えて本当によかったです。

           

          肝心の最後のショーですが、歩く前はこれで最後かーとなかなか感慨深い思いが巡りましたが、

          いざ歩いてみると何も考えずに歩いてしまい気づいたらショーが終わっていました。

          こんな終わりでちょっと寂しい気もしますが、まあ私らしく終われた気がします。

           

          こんな経験ができるのもおそらく大学生までです。モデルなんていう貴重な経験ができて本当によかったです。

          身長が高くてよかったとはじめて思いました。私がモデルとしてファッションショーに出ることはもうありませんが、

          これからもキャプというサークルは続いていきます。これからのショーは観客して見に行きたいです。 

           

          今、高校生、中学生のみなさんが、もし首都大学東京に入学することがありましたら、

          是非、capに入ってみてください。

          きっと素晴らしい思い出ができますよ! 

           

          最後に今まで、服を作ってくれたスタッフさん、

          一緒に歩いて来たモデルさんありがとうございました。 
          capのますますのご活躍をお祈りしています。 

           

          今週はこれで終わります!

           


          今週のできごと その2

          0

            みなさんこんにちは。

            主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

            今週は小ネタ3本立てでお送りします。

             

            〇厚木商業高校の文化祭に行ってきました。

             

            10月26日(土)、厚木商業高校の文化祭に参加してきました。

             

            厚木商業高校を訪れるのは初めてだったので、校舎内やグラウンドなどの様子がいろいろと分かって良かったです。

             

            文化祭様子としては、さすが商業高校といった感じで、工夫された料理や装飾が多く見られました。

             

            2年前に塾で教えていた生徒に会えなかったのは残念でしたが、今教えている中3の生徒が参加していて、しっかりと進路を見据えて行動できているなと大変嬉しく思いました。

             

             

            〇芸術祭音楽発表会を観に行きました

             

            文化祭後は、厚木市文化会館に移動して、厚木愛甲地区中学校文化中学校文化連盟主催の芸術祭音楽発表会を観に行きました。

             

            南毛利中学校の合唱部はこの発表ということでしたが、思いのこもった素晴らしい歌声を聴かせてくれました。

            本当にお疲れ様でした。

             

            これは余談ですが、ふと思ったのは、「この日に引退する」と決まっている気分ってどんななのかなということです。

             

            自分はずっと野球に携わってきましたが、引退はいつも突然やってきます。

            「まさかあれが最後のプレーになるとは」ということが何度もあるわけで、後悔が必ず残ります。

             

            来年3月には私もパスカルを引退するわけですが、どんな最後になるのでしょうか…。

            笑顔で終われるようにベストを尽くしたいものです。

             

             

            〇高校時代のチームメイトと就職報告会をしました

             

            10月29日(月)、海老名高校野球部の同期たちと就職報告会をしました。

             

            何年振りかに会うチームメイトもおり、元気そうな姿を見ることができて安心しました。

             

            また、当時の野球部での思い出話に花が咲き、とても楽しい時間を過ごすことができました。

             

            そして、この会の目的である就職報告ですが、システムエンジニアや航空業界、銀行マン、自動車の技術者、消防士などなど…

            多岐に渡った職業についているようでした。

             

            聞いたことのある会社ばかりで、みんな立派に頑張っているようです。

             

            同期に負けないように、自分も頑張っていきたいと思いました。

             

             


            ハロウィン 仮装で英語教室!

            0

              塾長の鈴木です。

               

              早いもので10月も最終日を迎えました。

              今週はハロウィンということで、

              英語教室の生徒さんには仮装で参加してもらいました。


              年中・年長さんコース

               


              小学1・2年生コース

               

              小学3・4年生コース その


              小学3・4年生コース その

               

              小学5・6年生コース その

               


              小学5・6年生コース その

               

              仮装するといつもより盛り上がりますね。

              みんなありがとう!

               


               

               


              断捨離してすっきり!

              0

                こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

                 

                今日久しぶりに自分の部屋の掃除をしました。

                普段、寝る以外でなかなか部屋を使うことがなくあまり掃除しないので、

                久しぶりに掃除ができてよかったです。

                 

                最近、服がいっぱいになってきましたのでたくさん服を捨てました。

                着ないと分かっていても服はなかなか捨てづらいんですよね。今日は心を鬼にして服を捨てました。

                おかげで、棚のスペースがたくさん増えました。これでまたたくさん服を買うことができます^_^ 

                 

                捨てる服は一応古着屋に売りに行ったのですが、27円にしかなりませんでした。

                どうせ捨ててしまうので27円で売ったのですが、服ってなかなか売れないものなんですね。

                ちょっとショックです。

                 

                服以外に今日は漫画も売りました。中学生から高校生の頃に漫画が好きで結構買っていました。

                今はほとんどないですが、まだ少し残っていていまだに読んだりします。

                漫画の方は500円ぐらいで売れました。まさか、服より漫画の方が売れるなんて思ってもいませんでした。 

                 

                そんな感じで色々なものを捨てたので、部屋がだいぶ広くなりました。

                フレッシュな気持ちで生活を過ごせそうです。 

                 

                皆さんも部屋の掃除をしてみてはどうですか?

                部屋をきれいにすると勉強がはかどるかもしれませんよ?

                中学3年生は期末テストが近いので掃除なんてしてる暇ないかもしれませんが… 

                 

                よくテスト前になると部屋の掃除をしたくなる人がいますが、それはやめてくださいね。

                あれはただ、勉強から逃避して部屋の掃除をらしているだけなので… 
                期末テストが終わったらぜひ一度部屋を掃除してみてください。

                きっと気持ちよく受験勉強することができると思います。 

                 

                それでは今週はこれぐらいで終わります。 
                さようならー

                 


                今週のできごと

                0

                  みなさんこんにちは。

                  主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

                   

                  今週は様々な出来事があり、たくさん書きたいことがあるので、

                  小出しにしてお伝えしたいと思います。

                   

                   

                  10月21日(日)

                   

                  所属するソフトボールチームの試合がありました。

                   

                  負けたら今シーズン終了という大切な試合ではありましたが、残念ながら負けてしまいました。

                   

                  自分の結果も、3打席立って全てフォアボールと、なんとも不完全燃焼な結果に…(笑)

                   

                  また、シーズン通して、「ホームラン3本」「4番の座を守る」という目標を立てましたが、ホームラン0本、打順もコロコロ変わるなどイマイチなシーズンになってしまいました。(まあ打順は2〜5番の上位打線に固定されていたので、よしとしましょう。)

                   

                  ただやっぱり今年も1年間楽しい活動ができたと思います。

                   

                  小学生からの友人と共にプレーをし、時には慣れないポジションに挑戦するなど、

                  とても有意義な1年間でした。

                   

                  やったこともないキャッチャーをやった時にはどうなることかと思いましたが(笑)

                   

                  仕事の関係もありますが、可能ならば来年以降も是非続けたいものです。

                   

                  仮にもしこのチームでもプレーが出来なくなっても、一生涯野球、

                  ソフトボールには携わっていきたいです。

                   

                   

                   

                  10月24日(水)

                   

                  この日やっと卒業論文のテーマが決まりました。

                  テーマは、「アダルトチルドレンの視点から見た運動部活動経験者の家族及び指導者に対する認知の違い」です。

                  字面だけ見るとわからないと思いますので、

                  簡単に言うと、家庭で生きづらさを感じていると、

                  部活動の指導者をゆがんだ見方をしてしまうのではないか、という研究です。

                   

                  日大の悪質タックル問題のように、間違っているとわかっているのに指導者の言うことを聞いてしまうといった事案を少しでも減らせるように研究を進めていきたいです。

                   

                  またこの日、22回目の誕生日を迎えました。

                  20歳を超えてから、1年1年がとっても早いです(笑)

                   

                  毎年毎年お祝いしてくれる家族、友人、先生方には本当に感謝しています。

                   

                   

                   

                  10月25日(木)

                   

                  この日はプロ野球ファン待望の一日、「ドラフト会議」でした。

                  今年は自分と同い年の選手が指名される年ということで、

                  例年以上に思い入れのあるドラフト会議となりました。

                   

                  同じ学部学科で、スキーの授業で同じ部屋で寝泊まりをしたこともある友人もプロ志望届を提出していましたが、残念ながら指名されませんでした。

                  やっぱり厳しい世界ですね…。

                   

                  私も来年から教員として社会に出る身として、同い年に負けないように頑張りたいと思った一日でした。

                   

                   


                  文化祭に行ってきました その2

                  0

                    こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

                     
                    小鮎中、東名中、玉川中のみなさん合唱コンクールお疲れ様でした。

                    実は私は、小鮎中の合唱を見に行きました。気づいた人はいたでしょうか? 
                    小鮎中の生徒にあまり会うことができなかったので残念でした。 

                     

                    それでは本題に入ります。桐輝祭の最後に先生が言った言葉の話しでしたね。

                    みなさんは先生がどんなことを言ったか覚えていますか?

                    「1番大事なのは桐輝祭を成功させることではなく、

                    桐輝祭を通してこれからどうクラスや自分を成長させていくか。

                    桐輝祭が成功して満足してはダメですよ。」と言っていました。

                     

                    この言葉はは桐輝祭だけでなくこれからもたくさんの場面で当てはまります。

                    受験や部活の引退、就職活動などさまざまなところで言うことができます。

                    少し気は早い気がしますが、1番身近な高校入学を例にしてお話しします。

                     

                    三年生のみなさんは今、受験に向かって一生懸命勉強していると思います。

                    そして、受験をして、結果発表があって、見事に合格する人もいれば、

                    残念ながら第1希望には入れなかった人も出てくると思います。

                     

                    受験が終われば当然みなさんたくさん遊ぶと思います。

                    それはいいことなのですが、高校に合格することがゴールだと思って勉強しない人がたくさんいます。

                    それは大変もったいない。

                     

                    高校に合格することももちろん大事ですが、高校で何をするかがもっと大事です。

                    せっかく、受験勉強を頑張ったのだから高校でも勉強を頑張ってほしいです。

                    こんな風に私は思っていますが、まだ気がはやいですね… 

                     

                    みなさんはとりあえず、目の前のことを頑張ってください。 
                    ただ、先生が言っていたことを少し心にとどめておいてください。 
                    それだけで十分です。 
                    それでは今回はこの辺で終わります。さようならー

                     


                    合唱コンクールお疲れさまでした!

                    0

                      みなさんこんにちは。

                      主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

                       

                      今日も先週に引き続き、合唱コンクールについてお話したいと思います。

                       

                      先週の土曜日、私の母校であり、パスカルの生徒も多く通う、

                      南毛利中学校の合唱コンクールが無事に行われました。

                       

                      教育実習をさせていただいた縁もあり、現在ボランティアをさせていただいているのですが、

                      嬉しいことに、合唱コンクールの方のお手伝いもさせていただきました。

                       

                      さらに、先生方のご配慮もあり、ステージ脇という特等席で皆さんの合唱を聞くことができました。

                       

                      ということで、僭越ながら、簡単に合唱を聞かせていただいた感想を書いてみたいと思います。

                       

                      まずは1年生。

                      教育実習の時に担当させていただいた学年で、個人的に思い入れのある学年です。

                       

                      実習当時は、元気のよい子が多い反面、落ち着きのない部分も目立ち、

                      「きちんと合唱できるかなあ」と、少し不安に感じていました。

                       

                      しかし、蓋を開けてみると、全員がびしっと整列し、

                      堂々とした態度で元気よく歌っていました。

                       

                      「短い期間でみんな立派に成長したなあ」と、大変感慨深く、最初の学年合唱で涙が…(笑)

                       

                      本当に素晴らしかったです。成長したかっこいい姿を見せてくれてありがとう。

                       

                      次に2年生。

                      1年生の後に合唱を聞くと、1学年変わっただけでこんなにも違うものかと驚きました。

                       

                      合唱の技術、合唱に臨む態度などなど…、全てに1年間の成長が感じられました。

                      元々、2年生という学年は真面目で、勉強熱心、どんなことにも一生懸命に頑張れる学年だと感じていました。

                      合唱コンクールもさすが2年生という感じでした。

                      先輩としてのかっこいい姿を見せてくれてありがとう。

                      来年は君たちが主役だよ。また更にレベルアップした姿を楽しみにしています。

                       

                      最後に3年生。

                      もう「さすが3年生」という言葉しか出てきません。

                       

                      どのクラスも難しい曲を見事に歌い上げていて、本当にすごかったです。

                      そしてなにより、この合唱コンクールにかける思い、貫禄すら感じました。

                       

                      3年生は、パスカルで長く見ている生徒も多く、その生徒が一生懸命に歌う姿に、

                      「いろいろなことがあったなあ」と今までのことが思い返され、また涙が…(笑)

                       

                      3年生、感動をありがとう!素晴らしい合唱コンクールだったよ!

                       

                      ここまで、合唱コンクール振り返ってきました。

                       

                      1、2年生は、まだ来年以降もいろいろなイベントがありますし、2学期だけでみても、

                      遠足や職場体験があると思います。

                       

                      しかし、3年生は、もう大きなイベントはありません。

                      あるのは、期末テスト、そして高校入試のみです。

                       

                      3年生、期末テストまで22日、公立高校入試まで120日です。

                      1,2年生、期末テストまで43日です。

                       

                      あんなに素晴らしいイベントの後で、気持ち的に浮かれてしまうのは分かりますが、

                      しっかりと切り替えて、次の目標に向かって頑張っていきましょう。

                       

                      「合唱コンクールがよかったのに、テストが残念だったね」となってしまうのか、

                      「合唱コンクールもよかったし、テストもよく頑張ったね」となるのかは君たち次第です。

                       


                      | 1/35PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      パスカル進学ゼミの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM