はじめよければおわりよし!

0

    みなさん、こんにちはパスカル進学ゼミの斎藤です。

     
    最近暑い日が増えてきましたね。急に暑くなって大変です。 
    それと同時にそろそろ運動会のシーズンがやってきましたね! 
    みなさん、運動会楽しみですか?もう運動会が終わってしまった人もいるかもしれませんね。 

     

    そんなことで、今回は中学生の時の運動会の思い出について話します。 
    私は中学の運動会は1回も優勝することができませんでしたし、準優勝することもできませんでした。

    南中は6チームに分けられていてほとんど5位とか4位なんていう微妙な順位だったのであまり思い出はないんですが、3年生の時のリレーだけはすごく覚えています。

     
    去年富田先生もブログに書かれていましたが、私はスウェーデンリレーのアンカーをやりました。

    今は色別リレーが最後の種目でしたが、私たちの時はスウェーデンリレーが最後の種目だったんですね。

    アンカーは300メートルも走らないといけない上に相手も本当に足の速い人ばかりで走りたくなかったのですが、私たちのクラスには足の速い人がいなかったのでしゃうがなく走ることになってしまいました。

    富田先生は足は非常に速かったのですが、300メートルも走る体力がなかったんです笑 


    結果としてはスウェーデンリレーでは1番になることができて、みんなに走るのはやくてカッコよかったよとか妹の友達からもお兄ちゃんすごい足速いねって言われたよと妹から報告があったりして自分の人生の中で1番輝いていた時だったかもしれません。

    ではなぜ私が自分よりも、足の速い人たちに勝てたのでしょうか?

     

    それは、多分私が何も知らなかったからです。

    スウェーデンリレーでアンカーをやるような人たちはもう1、2年生の時からスウェーデンリレーを走っているので300メートルがどれだけ長いか知ってるんですね。

    そのため序盤からあまり飛ばしすぎないようにしないんですね。 

     

    しかし、私ははじめてのスウェーデンリレーだったのでペース配分の仕方がわからず最初から結構とばしてしまいました。

    後半少しペースは落ちましたが人間やればなんとかなるものです。そんなに急激にペースを落とさないで済んだんですね。 
    ほかの人たちは序盤少しペースを落としていたのでもしかしたら不完全燃焼で終わってした人もいるかもしれません。

    が、最初から全力だったわたしにはすべての力を使うことができました。 
    そのため優勝できた気がします。 

     

    これはリレーだけではなくすべてのことに言えるかもしれません。 
    よくまだ本気を出す時じゃないと言って本気を出さないでいると自分の力を全部出しきることができないかもしれませんよ? 
    それはとってももったいないことです。 
    最初から飛ばしたら後がダメになってしまうと思う人もいると思いますが、案外人間って頑張れるものです。そんな簡単にはダメならならないんですね。 

     

    ですので、最初から全力でやってみてください。 
    はじめがよければ終わりもよいものになるはずです。 
    それでは今週はこの辺で終わりにします。さようなら〜 

    「はじめよければおわりよし」は進研ゼミ小学生講座に書いてあった文言を参考にさせていただいています。

     


    教育実習に行ってきます!

    0

      みなさんこんにちは。

      主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

       

      前々から常々言ってきましたが、いよいよ来週から教育実習に行きます!

      そろそろだと思っていましたが、あっという間に3日前になってしましました…。

      楽しみと不安が半々というのが正直な感想です…。

       

      塾の生徒の皆さんともたくさん会う機会があるかと思いますが、いつもの塾の感じと同じく、フレンドリーに接してもらえればとっても嬉しいです。

      ただ、「トミー」とか呼ぶのは勘弁してください(笑)

      ちゃんと「富田先生」と読んでくださいね。

       

      教科は塾では国語を教えていますが、教育実習では保健体育を担当します。

      一応担当する授業の案や教材作り、ワークシート作り等はほぼ終わっているので、準備は出来ていますが、内容も全く違いますし、板書ひとつとっても国語では縦書きで右から書くところを、保健体育は横書きで左から書くので、ちゃんとできるかかなり不安です(笑)

       

      また、教育実習期間の途中で、体育祭があるので、それはすごく楽しみです!

      自分は緑組なので、すでに服や靴は揃えました!楽しみにしていてください!

       

      それから、少し話は変わりますが、今日サプライズで長木先生が塾に来てくれました!

      自分が中学校の時に英語と理科の授業を教えていただき、大変お世話になりました。

      長木先生の授業やテスト、宿題はとてもレベルが高くて、いつもひぃひぃ言いながら授業を受けていた記憶が鮮明に覚えています。

       

      ただ、あの厳しかった指導があったので、志望校にも合格することができましたし、実力もかなりレベルアップできたと思っています。

       

      また、毎回生徒を引き付ける面白い授業をしてくださったので、今の僕の塾講師としての参考になっている部分は多くあります。真似しているつもりはなかったですが、何度か「長木先生みたい」と生徒に言われたことがあるくらいです(笑)

       

      長木先生の教えを胸に、今回の教育実習、そして教員採用試験を頑張ってやってきたいと思います。

      今日はお忙しい中ありがとうございました!

       

      最後に連絡です。521日(月)から68日(金)までの3週間教育実習になりますので、しばらくの間塾をお休みさせていただきます。610日(日)のテスト対策から復帰する予定です。

       

      その期間、生徒の皆さんをはじめ、先生方にもご迷惑をおかけしますが、目標である教員に向けて一生懸命頑張ってきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

       

      また、教育実習に集中するため、このブログもその期間お休みさせていただきます。

      2017922日(金)から今日まで、毎週欠かさずこのブログを続けてきたので、少し寂しいですが、教育実習から帰ってきたらまた頑張っていきたいともいますのでよろしくお願いします。

       

       

       


      脱三日坊主!継続して物事を続けるには

      0

        皆さんこんにちは斎藤です。

        今回で10回目のブログ投稿となりました。

        いつも見てくれる皆さんありがとうございます。これからもよろしくお願いします。 

         

        毎週1つブログを更新することは簡単なことではありませんが、なんとか10回目を迎えることができました。

        これで三日坊主とは言われないと思って少し安心しています。 
        物事を続けるというのはなかなか大変なことですよね。私もよく3日しか続かないものがあります。1日や2日しか続かなかったものも多々あります…。 


        今回はどうしたら継続して物事を続けることができるか今回のブログでの経験も踏まえて書いていきたいと思います。 
        三日坊主から抜け出すための方法はズバリ4日やることです!!! 
        そんな屁理屈は聞いてないと思われる方もいると思いますが実はこれはすごく大事なことなんです。 

         

        まあ4日は極端ですがまずは1週間、とか1ヶ月頑張ろうと思ってやることが大事です。

        最初からずっと続けようと思うから長く続かないんです。

        人間は1ヶ月だけとかなら頑張ることが意外とできるんです! 

         

        ではそのあとはどうするんだと思う方もいると思いますが、安心してください。

        1ヶ月も続けてやったことはそれ以降やらないと気持ち悪くなって続けるのが簡単になります。

        今までやってたことを急にやめるとなんか寂しくなっちゃうんですね。

         

        そうなってしまえばあとは続けるのは簡単です。なんとなく続きます。 
        まあこのやらないと気持ち悪くなるのを実感するには個人差がありますから実際1ヶ月続ければ確実に続けられるっていうわけではないんですが… 
        ただ、ある程度やっていればそのうち感じることができますよ。 

         

        ゴールデンウィークでブログの投稿をしなかった時も私はなんか違和感がありました。 
        ですからみなさんもこれからずっとやろうと意気込んでやらなくても、とりあえず1ヶ月頑張ろうぐらいの軽い気持ちからやっていけばいいと思います。 
        もちろんその1ヶ月はちゃんとやらないとダメですけど。騙されたと思ってやってみてください。

         

        特に英単語や漢字の暗記におススメです。 
        私が読んでいる「インベスターZ」では物事を続けるためには、物事をハミガキと考えるといいと書いてありました。

        みなさんハミガキはどんなに忙しくてもやりますよね。では、なぜやるか?それハミガキが生活習慣の中に組み込まれているからだそうです。 


        物事を続けるにはそのことを生活の一部と考えることが大事ならしいです。 
        急にちょっと難しくなったなと思った人もいるかもしれませんが、心配しないでください。 
        ハミガキなんて長くても十分ですよね? 
        最初はそのくらいやるだけで十分です。 
        積み重ねれば大きなものになりますよ! 

         

        まさに継続は力なりですね。ちなみに「継続は力なり」は私の大好きな言葉の1つです。 
        残念ながら座右の銘ではありませんが… 
        みなさんも継続して力を手実感してくださいね! 
        それでは今週はこれで終わります。 
        さようなら〜


        迷ったらやってみる?!

        0

          みなさんこんにちは。

          主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

           

          ゴールデンウィークが明けましたが、みなさんはどのような休みを過ごしましたか?

          かくいう自分はというと、塾のBBQがあり、教育実習の打ち合わせがあり、久々に友人と会い、そしてあとはとにかく勉強でした!自己反省としては、勉強の面で思ったより追い込めませんでした…。まだまだ自分も甘いです。

           

          さてさて今日は、僕が最近知って、とても驚いたことを紹介したいと思います。

          それは、「人間は、自分が価値のある物でないと迷わない」ということです!

           

          なんだか当たり前のように感じますが、「確かに言われてみればそうだ!」と思ったのは僕だけでしょうか?()

           

          では、もう少し細かく説明していきたいと思います。

           

          例えば、服屋さんに買い物に行くとします。

          そこで、自分の好みのデザインでもなく、とっても高い洋服を見つけました。

          この場合、みなさんは、「好みでもないし、高いから買いたくはないけど、どうしようかなー。買っちゃおうかなー。」と迷いますか?迷いませんよね?

           

          逆に、一目ぼれするような、すっごく好みのデザインの服。ただし、値段が高い。

          この場合なら、「うわー、デザインいいし、買いたいなー。でも、高いなあ。どうしようかなあ…」と迷うはずです。

           

          このように、「人間は、自分が価値のある物でないと迷わない」のです!

           

          この文章を読んでみて、どうでしょうか?

          みなさん自身何か迷っているものが思い出されたのではないでしょうか?

           

          「宿題やろうかなー」とか、「練習しようかなー」とか、「あの学校に行こうかなー

          」などなど、日常生活の中ではたくさんの迷いがあるはずです。

          その迷いを行動に起こしてみることで、また違った未来が見えてくるかもしれませんよ?

           

          かくいう自分も、最近迷いがありました。

          それは、教職関係の授業をとるかどうかということ…。

          「なんだそんなことかよ」と思うかもしれませんが、この授業を取るかどうかで、

          大学に行く日数が2日になるか、3日になるか、はたまた4日になるか、大きく変わる決断でした()

          「単位に関係ないし、自分でやればいいだけ。授業取らないで楽しちゃおうかなー」と思う反面、「本気で教員採用試験受かりたいなら、取るしかないだろ。家じゃどうせできないのは目に見えているだろう!」という思いもあり…。

           

          授業を取るかどうかの書類を出す本当の直前まで迷いましたが、

          結局授業を受けることに決め、週4日大学に通っています!

          実際に授業を受けてみると、役に立つことばかりで、取っておいてよかったなと思います。

           

          前回の話の中で、「今頑張ることが、未来の自分を助ける!」なんて話もしましたからね。

          有言実行です。

           

          ということで、今回の話をまとめると、「迷ったらやってみる!」ということでした!

           

          自分の教育実習まで残り10日、教員採用試験まで残り58日になりました。

          今回の「迷ったらやってみる!」、そして前回の「今頑張ることが未来の自分を助ける!」。

          この言葉を胸に残りの日数も頑張っていきたいと思います。

           


          ゴールデンウイークの思い出

          0

            皆さんお久しぶりです。斎藤です。 

            先週はゴールデンウィークということでブログの更新がありませんでしたが今週からはまたどんどん更新していきます。

            よろしくお願いします。 

             

            皆さんゴールデンウィークはどうでしたか?

            私は火曜と水曜はふつうに授業があったこともあってゴールデンウィークだからどこかにいったということはありませんでした。

            まあ、学生はわざわざ混んでいるゴールデンウィークに遊びに行く必要はないかなと思っています笑

             

            しかしゴールデンウィークは塾講師の仕事が休みということもあって友達と食事に行ったりはしました。

            今回は私のゴールデンウィークの思い出を紹介していきたいと思います。

             
            ゴールデンウィークは憲法記念日からだと思う人もいると思いますが、

            今回は4月の最後の週の土曜日からの出来事を話していこうと思います。

             

            バイトしかしてないような日もあったのでその日の話しは省略します。

            詳しく聞きたい方は直接訪ねてきてください。 
            まず日曜日にはパスカル進学ゼミ主体のバーベキューがありました。

             

            パスカル進学ゼミではいくつかイベントがありますが、このようなイベントにははじめて行きました。

            残念ながら私がメインで担当している中学3年生は1人も来てくれませんでしたが、たくさんの生徒さんたちが来てくれて大変盛り上がりましたね。主に小学生の子たちが来てくれました^ - ^ 

             

            小学生を担当したことは一回もなかったのですが、みんな人見知りをしないみたいでなんだかんだで仲良く水遊びしました笑皆さん水遊びへの意識が高くしっかりした水鉄砲を持っていたのでやられっぱなしでした… 来年はデカイ水鉄砲を買っていこうかなーと思っています。

            それにしても小学生は本当に元気ですね!私はあんなに動けません。小学生に元気をもらった1日でした。 

             

            次の日は友達と一緒にバイトをしてそのあと、三郎という二郎系のお店に行きました?

            皆さんはラーメン二郎というお店を知っていますか?ラーメンの量がとにかく半端ないお店です。

            野菜も山盛りにしてもらえます。大食いに自信がある人は是非行ってみてください。味は保証しませんが… 

             

            そこで、麺を450グラム食べました。450グラムどれくらい多いかなんてわかりませんよね?是非食べて試してみてください。 
            火曜と水曜はふつうに授業がありました。今年取っている授業はゴールデンウィークだからと言って休講にしてくれなかったのでふつうに授業があったんですね… ちょっと悲しかったです。 

             

            金曜日と土曜日は友達と食事に行きました。 
            友達がわりと学業に熱心な人たちだってたのでなんとなく学業へのモチベーションが上がった気がします。あくまでなんとなくですけどね。

            友達はほんとに久し振りに会った友達というわけではなかったのでゴールデンウィークならではの特別感というものはありませんでした。でも、まあ楽しかったですね。 

             

            紹介した通り今年のゴールデンウィークは日常とあまり変わらない過ごし方をしてしまいました。

            ちょっと残念ですが、まあ楽しかったです。何度も言いますが、学生はわざわざ混んでいるゴールデンウィークに遊ぶ必要はないんです笑 なんか負け惜しみみたいになってきたのでもう言いません。 

             

            ゴールデンウィークも終わってしまい、また授業がはじめりますね。休みボケしてしまった人もいるかもしれませんがまた頑張りましょう。

            私もブログについて全然考えてなかったので書くことが思いつきません。なので今回はこの辺で終わりにします。 
            皆さんもよかったらゴールデンウィークの話聞かせてくださいね。 楽しみにしています。 
            それではまた来週〜

             


            夜間中学校の勉強会に参加しました!

            0

              みなさんこんにちは。

              主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

               

              先日、社会教育を研究されている教授の紹介で、「義務教育機会確保法と文科省の夜間中学方針」をテーマとした学習会に参加してきました。

               

              ちょっと分からない単語があるかと思いますので、軽く補足します。

               

              まず、社会教育とは、自己紹介のときにも軽く説明しましたが、学校と家庭以外で行われる教育全てを指します。

               

              次に、義務教育機会確保法とは、不登校になってしまった児童生徒に対する教育機会の確保とそのための学校外施設の充実に努めるといった内容の法律です。

               

              最後に、夜間中学校とは、中学校夜間学級のことで、現在8都道府県31校が設置されています。

               

              今回の勉強会で印象に残っているのは、80歳、90歳を超えた夜間中学校に通う生徒さんのお話でした。第2次世界大戦終戦後、学校で義務教育を受けられなかった方がこの方以外にもたくさんいたそうです。本当は学びたかったに学べなかった、学校で教育を受けていないから、漢字が書けない、だけどそれを知られないように一生懸命隠して生きてきたなどなど…リアルでとても心苦しいお話を聞かせていただきました。

               

              いかに我々が当たり前に勉強できていることが素晴らしいことなのか痛感させられました。

               

              また、この方が素晴らしいと思ったのは、歳を取ってから、「やっぱり勉強したい!」と夜間中学校で勉強を始めたことです。

               

              何歳になっても学び続ける、挑戦し続ける、という姿勢は見習うべき点だと思いました。

              さらに、そういった学びたいという人を支援する国、市町村、学校の先生、ボランティアの方々も本当に素晴らしいなと感じました。

               

              これを読んでいる皆さんは、当たり前のように学校に通い、そして塾で勉強をしていると思います。この状況が当たり前ではないということをよく肝に銘じて勉強に励んでほしいと思いますし、せっかく恵まれた環境なわけですから、もっともっとたくさん勉強してほしいです。

               

              そして、そういった「勉強したい!」「学びたい!」「分かるようになりたい!」といったみなさんの思いに応えられるよう、もっといい授業、いい指導ができるよう僕自身も精進していきたいと改めて思いました。

              今後ともよろしくお願い致します。

               


              鉄人 衣笠さんを偲ぶ

              0

                みなさんこんにちは。

                主に国語科と高等部のチューターを担当しております富田です。

                 

                今週の火曜日、残念なニュースがありました。

                それは、鉄人と呼ばれた元広島東洋カープ衣笠祥雄さんが大腸がんのため71歳の若さで亡くなられたということでした。

                 

                僕が生まれたときにはもう引退をされていた選手なので、現役時代を直接見たことはありません。

                 

                しかし、怪我にも負けず、未だ破られることのない日本記録である2215試合連続出場、そしてプロ野球史上2人目の国民栄誉賞受賞(ちなみに、過去にプロ野球選手で受賞したのは、王貞治、長嶋茂雄、松井秀樹のみ)をされた素晴らしい選手であったことは有名すぎる話でしょう。

                 

                そんないち野球選手としても尊敬してやまない衣笠さんですが、僕がそれ以上に尊敬しているのは「人柄」です。

                 

                僕は以前にも言ったように大の野球ファンで、よく野球中継を観るのですが、その際に一番大好きな解説者がこの衣笠さんでした。

                 

                さすがレジェンドといった細かな野球の知識や素晴らしい目の付け所はもちろんですが、なにより相手味方関係なく、良いプレーをしたら褒め、まずいプレーがあっても絶対に選手を批判しない器の大きな方でした。

                 

                おそらく、野球ファンに好きな解説者のアンケートを取ったら、間違いなくトップに来ますし、逆に衣笠さんのことを嫌いという人は一人もいないと思います。

                 

                そのくらいファンに愛される本当に素晴らしい人でした。

                 

                また、衣笠さんは野球が大好きな人としても有名で、2215試合の連続試合出場ができた要因として「野球が大好きだから」と語っていますし、亡くなる5日前の解説にも体調の悪い中、代役を断り、解説の仕事を全うされていました。(実際に見ていたのですが、明らかに体調が悪い様子で、本当に苦しい中での出演だったのではないでしょうか…。)

                 

                今回衣笠さんが亡くなってしまったのは、僕自身本当に残念で、まだ整理できていない部分があります。

                ただ、衣笠さんが、僕の尊敬する人物の一人であることはずっと変わらないと思います。

                 

                衣笠さんのように、誰からも愛され、尊敬され、そして一生野球を愛し、携わることのできる人間に僕もなりたいです。

                 

                衣笠祥雄さん、ご冥福をお祈り申し上げます。

                 


                はじめまして!日比野です

                0

                  はじめまして 

                  主に理科を担当しております。日比野です。 

                  2年間パスカルの講師をさせていただいておりますが、

                  初めてこのコーナーに出させていただきます。

                  駄文かとは思いますがお付き合いください。 

                  まずは自己紹介をさせていただきます。 
                  名前は日比野直(ひびのなお)、現在大学4年生です。 
                  出身は岐阜県可児市です。大学へ通うために厚木に引っ越してきました。 

                  岐阜県というと、世界遺産の白川郷をイメージする方が多いと思いますが、

                  自分の地元は愛知県との県境に位置しているので、白川郷からみるとかなり南になります。 

                  可児市という地名は読めない人も多いのではないでしょうか。可児(かに)と読みます。 
                  有名なものはあまりありませんが、明智光秀の出身地(諸説あり)と言われていたり、

                  大きな銅鐸が見つかったりと、観光には向かないと思いますが、歴史的には誇らしいものが多くあります。 

                  趣味は野球観戦とジャグリングです。 
                  富田先生と同じく、高校時代は野球部に所属していました。当時からプロ野球の観戦が大好きです。 
                  中部圏出身ですが、中日ドラゴンズではなく東京ヤクルトスワローズのファンです。 

                  ファンになったきっかけは、野球を始めたころ、古田敦也選手が大好きだったからで、

                  現在好きな選手は、館山昌平選手と石川雅規選手です。

                  期待している若手選手は同い年ということもあり、奥村展征選手です。 

                  厚木に来たことで2015年のヤクルトスワローズのリーグ制覇のシーズンに

                  神宮球場に通うことができとても素晴らしい経験をさせていただきました。 

                  ジャグリングは、大学になってから始めました。 
                  もともとけん玉が少し得意だったので、大学に入学した際、一つ上の先輩にけん玉がとてもうまい先輩がいたので、

                  弟子入りしようとサークルに入ったのがきっかけでジャグリングを始めることになりました。 

                  様々な道具を扱うジャグリングですが、自分が現在メインで扱っているのは、シェーカーカップという道具です。

                  日本どころか、世界を見てもそんなにやっている人がおらず、自分でいろんな技を切り開くのが面白いです。 

                  本格的なジャグリング道具をつかったジャグリングは少し敷居が高いかもしれませんが、

                  けん玉は比較的入手しやすく、集中力もつくので、勉強の合間にやってみてはどうでしょうか。 

                  このあたりで今回の自己紹介を終わりたいと思います。 
                  また、このコーナーで僕個人の話や、受験について少しずつ書いていきたいと思っています。 
                  理科という科目が少しでも受験の際に武器として使えるような指導をしていく所存です。 
                  これからもよろしくお願いします。 

                   


                  やりたいことをやろう!

                  0

                    こんにちは、斎藤です。

                     

                    4月も後半に突入してだんだん暖かくなってきましたね。

                    みなさん新しいクラスはどうですか?

                    新中学生や新高校生、新しい環境になれましたか?

                     

                    大学生は四年間クラスも同じなので私は特にかわったということはほとんどありません。

                    今になって思うことですが、毎年メンバーがかわるクラス替えは新しい出会いがたくさんあって素晴らしいことです!

                    是非新しいクラスでの生活を楽しんでください。

                     
                    新入生はそろそろ部活を決めましたか?

                    まだ仮入部をしている頃でしょうか?

                    これから約3年間続けることですからゆっくり考えて入部してください。

                     

                    ちなみに私は中学生の時はサッカー部に入っていました。

                    小学生の頃からサッカー、中学でもサッカーをやろうと思っていたので

                    他の部活への仮入部はしませんでした。

                     

                    サッカーや野球などは小学生からやってる人が多くほとんどみんな他の部活へは仮入部してませんでした。

                    小学生の時サッカーや野球をやってきてなかった子たちはちょっとサッカー部や野球部に入りづらいですよね? 

                     

                    でも、そんなことを気にせずに自分のやりたいことに挑戦してみてください。

                    私が中学生の時も中学からサッカーを始めて厚木市の選抜メンバーに選ばれている人もいました。

                    中学生から始めたって努力すればレギュラーになることができますよ!

                    中学生から始めたんじゃおそいなんてこと絶対にありません! 

                     

                    それは高校生にも同じことが言えます。

                    高校から始めたんじゃ遅すぎるからこの部活はやめようなんて理由で自分のやりたいことを諦めないでください。

                    高校生の間はうまくいかないかもしれませんが、人生は高校で終わるわけじゃないんですから。

                    その先もずっと続けられます。 

                     

                    以前ツイッターであるおばあちゃんが60歳の時にバイオリンがやりたくなったらしいですが、もう始めるのが遅すぎると思って断念したらしいです。

                    しかしそのおばあちゃんは90歳まで生きて、あの時にバイオリンをやっていればもう30年もバイオリンを弾いていたんだなあと後悔したそうです。

                     

                    30年もやっていたらもうプロ級の腕前ですよ!

                    60歳のおばあちゃんでさえ遅くはなかったんですから若いみなさんが今初めておそいことはぜったいにありませんよ!

                    ですから、何度も言いますがやりたいことをやってください。

                    自分にはもうおそいという理由で諦めないでください。

                    最初はダメかもしれませんが、そのうち必ずできるようになりますから! 

                     

                    それは部活動だけではなく他のことでも同じことが言えますからね。 
                    私も最近新しいことを始めました。 
                    何を始めたかって?それはそのうちブログの中で紹介したいと思います。 
                    それでは今回はこのへんで 
                    さようならー

                     


                    今頑張ることが、未来の自分を助ける

                    0

                      こんにちは。

                      主に国語科を担当しております富田です。

                       

                      新学期が始まって1〜2週間が経ちました。

                      みなさん、新しいクラス、新しい学校などなど新しい環境での生活はどうですか?

                       

                      僕はというと、大学4年生になり、また自分自身を取り巻く環境が大きく変わりました。

                      一番の変化は、大学での生活です。

                       

                      なんと、授業を受ける回数が1週間で6コマだけでよくなりました。

                      大学に行く日数でいうと、週に4日、そのうち午後からの授業が2日、

                      午前中で帰って来られる日が1日あります。

                       

                      こういった話を生徒にすると、「大学生って楽でいいな」と言われてしまうので、

                      一応弁明をしておくと、僕は、大学1〜3年生までの授業を頑張って受けたので、今楽が出来ています。具体的には、卒業に必要な単位が124単位のところ、現段階で166単位修得出来ているのです。(おそらく、学校全体で見てもトップクラスに単位を取っています)

                       

                      ですから、本当はほとんど大学に行く必要は実はないのですが、教員採用試験対策の授業が開講されているので、その授業を受けるために大学にいくという感じです。

                       

                      この話だけだと、ただの自慢になってしまうので、この話から皆さんに伝えたいのは、

                      「今頑張ることが、未来の自分を助ける」ということです。

                       

                      僕が大学1〜3年生の時、週5日、9時から17時まで授業というような、ハードなスケジュールでした。正直、「次の学年になってから頑張ればいいかな…」と弱気になった時もありますが、「今やれば後で楽ができる!」という一心で頑張ってきました。

                       

                      その結果、教員採用試験や卒業論文で忙しいこの時期に、やらなければならないことに集中して取り組むことができています。本当に過去の自分に感謝です。

                       

                      みなさんも、勉強や部活動など、後回しにしてしまいたくなる時はありますよね?

                      僕もその気持ちはよーく分かります。「提出物は前日の夜やればいいや」「今日は疲れたからもう練習しない」などなど…

                       

                      そしてその度に、「結局終わらない…」「試合でまた同じミスをしてしまった…」と後悔してきたはずです。

                       

                      この文章をみて、少しでも思い当たる人、ぜひ、「あとで」ではなく、「今」頑張って見てください。「今頑張ることが、未来の自分を助ける」ですよ。

                       

                      最後に、毎回のことではありますが、このブログを書くことで、自分自身に言い聞かせている部分があります。教育実習まで残り38日、教員採用試験まで残り86日と、勝負の日までの時間も少なくなってきました。自分の時間が増えたからこそ、その時間を有効に活用できるよう、自分を厳しく律して頑張っていきたいと思います。

                       


                      | 1/30PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      パスカル進学ゼミの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM