勉強のモチベーション

0

    こんにちは。

    パスカル進学ゼミの斎藤です。

     

    前回宣言した通り、今回は私の中学生の時の勉強のモチベーションを2つ紹介したいと思います。

    先に言っておきますが、日本の発展のためにバリバリ働きたい!とか、

    世界中の人達と働きたい!などの素晴らしいモチベーションは1ミリもありません。

     

    1つめは親に色々言われたくなかったからです。

    私は中学1年生の1学期でひどい点数を取ってしまいました。

    理科、社会はそこそこできていたものの、英国数は中学1年生の1学期にもかかわらず、70点台ばかりでした。

    (だいたい中学1年生の1学期のテストは簡単で、90点台をとる人がたくさんいます)

     

    その時は結構親に色々いわれました。

    もっと勉強しないとまずいんじゃない?中学生の勉強をなめすぎでしょ?など。

    それをいわれるのが嫌で少し勉強するようになりました。

     

    しょうもない理由ですが、これは人間として理にかなっています。

    なぜなら人間は楽しいことをしたい欲求よりも苦痛を回避したい欲求の方が強いからです。

    そういう意味ではモチベーションをくれた親に感謝しなければいけないかもしれません。 

     

    2つめは将来、楽をできると思ったからです。

    勉強していい大学を出ることが将来のためになるなんて昔いわれた気がします。

    それを私はわりと信じてしまいました。

     

    将来楽できるなら今頑張っちゃおう。

    将来楽するために勉強してたというのが、私の中学生の時の1番のモチベーションだった気がします。

     

    また、高校生に入学する前に将来の夢を書かないといけないことがあって、

    私は楽に稼げる仕事につきたいと書いたのを覚えています。

    そうしたらカウンセラーの人が楽に稼げる仕事につくには東京大学に入るといいと言っていたのを覚えています。

     

    やっぱり勉強ができると将来、楽になるのかー。

    と思いながら高校も勉強を頑張っていた気がします。 
    こんなモチベーションで勉強して、身につくかは少し疑問ですが、勉強をしないよりはいいと思います。

     

    みなさんもぜひ、しょうもないものでもいいので、勉強のモチベーションを見つけてください。 
    それでは今週はこれで終わります!

     


    英語教育はどう変わるか その2

    0

      こんにちは。

      塾長の鈴木です。

       

      先ほど梅雨入りが発表されましたが、じめじめした気温になってきました。

      私は、朝にジョギングをすることが多いのですが、日に日に蒸し暑さを感じますね。

       

      中学生は1学期の期末テストが近付いてきました。

      昨日は一斉にテストの範囲表が配布されて、生徒たちも実感がわいてきたようです。

      我々スタッフもこの2週間は、気合いを入れて指導に専念。土日も勉強会を実施します!

       

       

      さて、先週の続きになりますが、

      小学校の英語教育について述べたいと思います。

       

      来年2020年から、小3・4年は「外国語活動」、小5・6は「英語」の教科化が始まります。

      具体的にどんな授業をするのでしょうか。

       

      小3・4年生

      小3・小4は、あくまでも「外国語活動」ですので、まだ成績はつきません。

      年間35コマ、週1回程度ペースの授業数になります。

       

      現小5・6で行われていた「英語に親しむ」授業内容が持ち上がるイメージですね。

      例えば、アルファベットの発音、あいさつ、身のまわりの物の説明、曜日や時刻の尋ね方など、

      英語の発音・リズムに慣れるために歌やゲームを取り入れた学習をします。

       

      小5・6年生

      小5・小6は、「英語」として教科化され、他教科と同様に成績がつけられます。

      年間70コマ、週2回程度の授業数となります。小3・4の2倍の授業数になるわけです。

       

      小3・小4の内容との大きな違いは、4技能を使って言語活動が行われる点です。

      小学校卒業するまでに学ぶ単語は600〜700語になり、読み、書きの技能を使う内容が要求されます。

      ちなみに中学校は卒業するまでに約1200単語ですので、約半分を小学校で学ぶことになります。

       

      小5・6年になると、読み、書きが加わるので授業内容もかなり高度になります。

      例えば、祭りや行事に関するまとまりのある話を聞いて理解し、尋ねたり書き写したりする、

      日本文化を表す表現や日本文化について伝えあい、書き写したりするなど。

       

      今までの英語教育の流れを考えますと、いきなりハードルを上げ過ぎではないか?と思われる内容ですよね。

      実際に始まってみないとわかりませんが、ついていけない生徒が続出する予感もします。

      来年は小学校でも英語専任の先生が教えるようですが、現場はやや混乱するかもしれません。

       

      いずれにしても、今後は小学校で「英語格差」みたいなものが広がっていく気がします。

      幼少から英語に慣れ親しんでいる子どもは、やはり積極的に授業に参加できますから有利です。

      小学校低学年のうちに、どれだけ英語環境に触れ合う時間があるか、この差は大きいかと思います。

       

      ここ数年、英語に苦手意識を持つ中学生が多いなと感じています。

      小学校高学年で英語嫌いの子どもが増えてほしくない、と強く願っています...

      英語はコミュニケーションのツール。言語として楽しく学んでほしいですね。

       


      勉強は人生の基礎練

      0

        こんにちは。講師の斎藤です。

         

        突然ですがみなさんは勉強なんて将来役に立つのかって考えたことありますか?

        私は中学の時一次関数なんて将来使わないだろなんて思っていました。

         

        高校に入ると、微分や積分というもっと世の中での使い道がわからないものを学びます。

        勉強は将来役に立たないからやりたくないなんて言う人が私のまわりには何人かいました。

        私も昔はそう思っていました。

         

        しかし、今は少しだけ考え方が変わりました。

        勉強は人生の基礎練であると思うようになりました。基礎練とはどういうことでしょう?

         

        野球で言えば素振りにあたるものだと私は思っています。

        素振りだけやっていても本番でヒットやホームランを打つことはできないと思います。

        バッターとして活躍している人はたいてい素振りを毎日欠かさないでやっているのではないでしょうか?

         

        しかし、そんな人はおそらくほんとうに一握りであるし、

        プロ野球など一流の人たちはおそらく素振りをしっかりやっていると思います。

        勉強も同じです。勉強だけをやっていてもダメですが、社会で活躍している人はおそらくみんな勉強をしていると思います。 

         

        これはあくまで私が思っていることなので、人それぞれ考え方があると思います。

        ただ、少しでもみなさんの勉強へのモチベーションが上がってくれたら嬉しいです。 
        とは言ってもこんなことを聞いて、

        「勉強は人生の基礎練だから今から頑張ろうなんて思う人は」こんなことを言われなくてもガツガツ勉強していると思います。

         

        なので、次回は中学の時の私の勉強のモチベーションをのせていきたいと思います。

        ヒントは、私の持論は「人間は高尚な動機だけで行動し続けられるほど優秀な生き物ではない」です。 

        それでは今週はこれで終わります。

         


        英語教育はどう変わるか その1

        0

          こんにちは。

          塾長の鈴木です。

          先週は気温が一気に上がり、真夏日の中で中学校の体育大会が行われました。

          午前中のみでしたが、私も応援に行ってきました。暑かったですねー


          明日は小学校の運動会ですね。

          先週ほどの暑さではないと思いますが、熱中症には十分お気を付けください。

           

           

           


           


           

           

          さて、今週は小学校の英語教育について少し触れたいと思います。
          ご存知の通り、2020年度から小5・小6は「英語」が正式な教科、

          小3・小4は「外国語活動」として本格的にスタートします。

          詳細はこちらをどうぞ

          算数や国語のように英語も成績として評価されますので、

          お勉強という色合いが強くなっていくのかもしれません。

           

          今後はお子さんの経験によって、

          英語力にだいぶ差が付いていくのではないかと感じています。

          もちろん学校の成績も大切ですが、

          英語は本来コミュニケーションとしてのツールであり、話す楽しさを感じるもの。

           

          今回の改革で、苦手意識を持つことなく、

          英語に興味を持つお子さんが増えることを祈るばかりです。

           

          来週に続きます

           


          まずは基礎をしっかりと

          0

            こんにちは。

            パスカル進学ゼミの斎藤です。 

             

            高校生は中間テストお疲れ様でした。

            はじめての高校のテストの人もいたと思います。

            中学の時のテストとは違うところもあったと思います。

            今回の経験をこれからのテストに生かしていってください。

             

            中学生の皆さん体育大会お疲れ様でした。暑い中大変だったと思います。

            しかし、とてもいい思い出になったと思います。

            体育大会が終わったということで、これからは期末テストに向けて頑張らないといけませんね。

            体育大会の練習で授業がつぶれた分ここから一気に授業のペースが上がると言われています。頑張りましょう。

             

            中学三年生は部活動の最後の大会に向けて頑張る必要もあり、勉強と両立させるのはとても大変です。

            そんな大変な中でも皆さんにやってほしい勉強があります。

            それは基礎をしっかり理解することです。

             

            もっと具体的に言うと授業でやっていることをしっかり理解することです。

            部活が忙しくてなかなか家で勉強ができない人も授業の時間まで部活がある人はいません。

            ですから、授業内容だけはしっかり理解しましょう。プラスで課題があればそれはやっておきましょう。

             

            勉強というのは基礎をしっかり定着させるのに時間がかかるのです。

            問題が解けるからといって定着したとは言えません。問題をみたら一瞬で答えが出せる、

            または一瞬で解き方が浮かんでくる。ここまできて定着したと言えると思います。

             

            もちろん難しいものもあります。たとえば、英語の長文読解や数学の文章題など。

            しかし、計算や英文法の問題はできるようになります。

            今はそれができれば十分です。応用問題はすごく難しそうに見えますが、基本的には基礎的な問題を組み合わせただけです。

             

            基礎をしっかり定着させて、少しコツを掴めばできるようになっていきます。

            まずはしっかり基礎をかためてください。

            先程も言いましたが、基礎を定着させるには時間がかかります。

            できないからとすぐに腐らないで地道に頑張っていきましょう。 
            今週はこれで終わります。また来週〜

             


            高校の運動会の思い出

            0

              こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

               

              そろそろ運動会の時期ですね!

              昨年は中学生の時の運動会の思い出を書きました。

              今回は高校の時の運動会について紹介します。

               

              高校によって違いますが、私の高校は組み分けがクラスごとではなく、誕生日ごとでした。

              そのため3年間同じメンバーがチームでした。

              これに関してはいいところも悪いところもあります。

               

              いいところは3年間同じなので団結力が高いところです。

              悪いところはクラスの団結力が深まらないところですね。

              また、メンバーがクラスの人ではないので友達作るのが大変です。

               

              私は友達を作るのに結構苦労しました。

              高校の運動会は友達を作れるかによって楽しめるかどうか、が変わって来ると思います。

              友達づくりを頑張りましょう笑

               

              また、中学の運動会と違って競技よりもダンスがメインな高校が多いと思います。

              リレーもそれなりに盛り上がりますが、私の高校はダンスの練習しかしてませんでした。

              ダンスの練習は意外とたくさんあり、また運動会直前はちゃんと参加しないといけないので、部活をやっている人は結構大変です。

               

              部活が優先でダンスをやらない人も結構いました。

              個人的にはできるならダンスをやった方がいいと思います。

              中には部活でダンスを禁止している部活もありましたからなんとも言えませんが… 

               

              中学ではよくも悪くも全員で参加して運動会を作りあげる感じになりますが、

              高校はやりたい人がやる、やりたくない人はやらないみたいな流れになります。

              自主性がもとめられてきます。

               

              やるかやらないかは個人の自由ですが、余裕があるなら参加することをオススメします。

              高校生活のいい思い出にしてください。 

              それでは今週はこれで終わりにします。

               


              2020年 プログラミング教育必修化

              0

                こんにちは。塾長の鈴木です。

                 

                初夏を迎えて汗ばむ陽気になってきました。

                もうすぐ中学生は体育大会、小学生は運動会ですね。
                暑さに慣れない季節ですので、塾でも水分補給はこまめに取りましょう。

                 

                さて、先日は「小学校のプログラミング教育」についての勉強会に参加してきました。

                来年2020年度から、5年生・6年生の「英語」は正式に教科となり、

                同時に「プログラミング教育」も必修化されます。

                 

                英語教育につきましては機会を改めて述べますが、

                プログラミング教育でお子さんが何を学ぶのか、少しイメージがわかないかと思います。

                必修化されると言っても、英語と違って試験などで評価されるわけではありません。

                 

                また、子どもたちがいきなりプログラミング言語や技術を学ぶのではなく、

                「プログラミング的思考」を学びます。

                プログラマーの育成が目的ではないですね。

                 

                「プログラミング的思考」とは、物事には手順があり、手順を踏むと、

                物事をうまく解決できるといった、論理的に考えていく力のこと。

                 

                AI(人工知能)の発達により、今の子どもたちは、

                これから先どんな世の中になるかの見通しが難しい時代を生きることになります。
                プログラミング的思考は、そんな社会で生き抜くために、時代を超えて必要になる力だと考えています。

                 

                現代の社会を考えると、子どもにはぜひ見につけて欲しい力ですよね。

                プログラミング教育について、わかりやすい記事があります。

                ご興味のある方はお時間のある時にどうぞ。https://coeteco.jp/articles/10245#content_1

                 


                はじめてのインターン

                0

                  こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

                   

                  ゴールデンウィークが終わってしまい五月病といわれる病気にかかってしまった人もいるのではないのでしょうか?

                  新生活にもなれはじめ、少し油断が生じる時期ですが、ここをしっかり頑張れる人と頑張れない人は後々大きな差になると思います。五月病に負けないように頑張りましょう。 


                  先週私はインターンというものに行ってきました。

                  中学生でいう職場体験みたいなものですね。

                  実際にどんな仕事をしているかを体験したり、集まった人達でディスカッションをしたり。

                   

                  私は大学生の時に就職活動をしなかったので、はじめてのインターンでした。

                  なかなか楽しかったですし、少し自分がどんな仕事をするのかのイメージもわいてきました。

                  今回のインターンは少しはやめでしたが、就職活動をするにあたってインターンは欠かせません。

                   

                  大学3年生の夏にはほとんどの人がインターンに行きます。(なんの仕事に就きたいかによりますが)

                  なぜインターンに行くのでしょうか?それは自分が勤めようとする企業を知るためだと思っています。

                  どんな雰囲気なのだろう、どんな仕事をしているのだろう、通うのにどのくらいの時間があるかかるのだろう。

                  人から聞くのではなく、自分で感じるのが大事です。 

                   

                  また、面接の時によく聞かれる「どのような理由で弊社を希望したのですか」という難しい質問に対しても、

                  「インターンに行ってすごく魅力を感じたからです。」等で答えることができます。

                  (私見ですが、多くの人は自分がやりたい業種であれば会社はどこであろうと気にしない人が多いと思います。なので、この会社がいいというところまではあんまり考えてないと思うからです。) 

                   

                  今回は就職活動での話しでしたが、これは中学生にも言えることです。

                  高校説明会にはちゃんと行きましょう。理由はインターンに行くのと同じです。

                  学校のことを知るため。面接で話せることを作るため。 

                   

                  私は高校の説明会に行かなかったために高校から家の距離を正確につかめずあとあと苦労しました。

                  皆さんはそういうことの無いようにしましょう。 
                  それでは今週はこれで終わりにします。

                   


                  令和の幕開け

                  0

                    こんにちは。塾長の鈴木です。

                    新たな天皇陛下が即位され、いよいよ令和の時代が幕を開けました。
                    大型連休のゴールデンウイークは、いかがお過ごしでしたでしょうか。

                    さて、今後は学校行事や部活動が本格的に始まり、体調を崩したり、疲労がたまる時期でもあります。
                    栄養と睡眠を十分にとり、健康管理には注意して学校生活を送ってほしいですね。

                    特に、高校生は2週間後に中間テスト、中学生は1か月後に期末テストが控えています。
                    生徒さんにはお伝えしていますが、テスト対策は準備と計画ですべてが決まります。

                    中学生はテスト2週間前に範囲表が配られますが、それから準備を始めるのは遅すぎます。
                    テスト直前になって学校の課題に追われないように、学校の提出物は早めに準備しておきましょう。

                    【テスト勉強の進め方】
                    1.学校の課題(問題集)をテスト10日前にすべて終わらせること。
                    2.問題集で間違えた問題には印を付け、後で何度も解き直すこと。

                    詳しくは、生徒さんとのカウンセリング(面談)で具体的なアドバイスをしていきます。

                     

                     


                    妄想しよう

                    0

                      こんにちは。パスカル進学ゼミの斎藤です。

                       

                      今年のゴールデンウィークは長かったですね。

                      10連休ともなるとそんなに休んだら仕事が終わらなくなる、

                      といって全部休めない人もいるそうで、意外と反対派もいたそうです。

                       

                      10連休は嬉しいですが、これから休日がなかなか来ないのが悲しいです。

                      中学生にはゴールデンウィーク明けテストを用意しています。

                      いい問題を作ったつもりなので、ぜひ楽しんでください。 

                       

                      突然ですが、皆さんは勉強したことが役に立ったと思うことがありますか?

                      数学や国語、なんてのは意外と日常で必要だったりしますよね。

                      理科、社会も知ってると面白いことありますよね。

                       

                      例えば、自然現象の仕組みがわかると少し楽しいですし、

                      社会の知識は旅行に行った時に使えたりするのではないでしょうか?

                       

                      ただ、英語はどうでしょう?

                      最近外国人が増えているとは言え、皆さんが英語で会話をすることはほぼないと思います。

                      英語が使えなくて困るなんてことはほとんどありません(オリンピックの時には使えたほうがいい可能性は高いですが) 

                       

                      日常で使えないものや使い方のよくわからないものはなかなかやる気になりませんよね。

                      私も大学の数学は世の中でどのように使われるのかが、わからなくて全然やる気が出ませんでした。

                      たぶんやる気があっても難しくてできなかったと思いますが…汗

                       
                      ではどうやればやる気がでるか。それは妄想をすることです。 
                      普段の生活で急に外国人に道を聞かれたところなどを想像してみてください。

                      ここで、スラスラ英語で会話できたらカッコいいですよね。

                       

                      まわりの人にすごいと言われるだろうし、外国人にも感謝されると思います。 
                      他にも海外に旅行に行った時に英語が喋れた時のことを想像してみてください。

                      きっと、英語が喋れない海外旅行よりも楽しい旅行になるでしょう(英語が通じない国だとダメですけど)

                       
                      こんな風になかなか使えないものは、使える時のことを想像してモチベーションをあげましょう。 
                      少しはやる気がでると思います。 
                      妄想は出来るだけ現実に近いほうがいいです! 

                       

                      今回のブログで紹介した例はこれから日本でも割と起こることだと思います。 
                      ぜひ皆さん妄想をして英語を好きになってください。 
                      それでは今週はこれで終わります。

                       

                       


                      | 1/40PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      パスカル進学ゼミの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM